基礎体温のパターンから体質がわかるというのは大ウソ

ネットなどを見ていると、よく基礎体温のパターン別の不妊の原因みたいなものが載せられています。

標準型とか、低温型とかダラダラ型とか・・・。

不妊症で悩んでいる人なら、一度は見た事があるのではないでしょうか。

各パターンには、どんなタイプなのかの説明があります。

低温型なら①高温層が低い。②月経周期が延びる。などです。

漢方専門薬局などのお店が、特にこの基礎体温パターンが好きで載せていることが多いのですが、その説明は、漢方の医学理論とは関係なく、西洋医学の説明です。

そういったパターンになる原因は、黄体機能不全の可能性や甲状腺機能低下症の可能性などと書いてあります。

こういったパターン系のものって、実は漢方では一番アテになりません

なぜなら、漢方は体質に合わせて考えていくからです。

パターンに分けるということは・・・

【パターンに分ける → マニュアルに従って処方する】ということなんです。

つまり、その人独自の体質や原因は考えていません。

そもそも基礎体温のパターンを見る時に重要な事があります。

それは、病院のホルモン剤やホルモン注射の影響です。

基礎体温のパターンは、あたかも、その人の体質別のパターンに見えますが、実は、ホルモン剤の影響によって、基礎体温の形がつくられているとも言えるのです。

不妊治療を長く受けられている方は以下のことを感じているのではないでしょうか?

・クロミッドの服用で排卵予定日が早まる。

・HCGを打てば、すぐに高温期に上がる。しかもいつもよりも体温が高い。

・ルトラールを飲めば高温期の日数が延びる。

・黄体系ホルモン剤を飲んでいたら、高温期のまま月経が来た。

などです。

他にもいろいろと薬によって作られる基礎体温のパターンがあります。

不妊治療でホルモン剤を飲まれている方は、今の自分の基礎体温が、自分の本当の基礎体温パターンなのか、ホルモン剤によって作られた人工的なホルモン製の基礎体温はわからないのです。

つまり、ホルモン剤を飲んでいる状態で、基礎体温のパータン別原因や体質を見たって意味がありません。

だから、現在、病院で不妊治療を受けている状態の人は、ネットにあるような基礎体温のパターンをみて「あっ私の基礎体温は、このパターンだ!」となるのは、おかしいのです。意味もありません。

例えば低温期が長いことが、体が冷えているなどの原因以前ホルモン剤の影響だからです。

同時に、漢方薬局などで、病院の治療のことやホルモン剤のことを詳しく聞かないで「この基礎体温の形だと瘀血タイプで・・・」と言い出したら、「アウト!」と言ってあげてください。

漢方どころか、人間の体のこと(基礎生理学)がわかっていません。

ノリで喋っているだけです。

自分自身の本当の体質の基礎体温のパターンは病院の不妊治療を全てやめてみないとわからないかもしれません。

(うちでは不妊治療をやめなくてもホルモン剤の体に与える影響を考慮して真の原因を考えます。)

基礎体温は不妊状態を調べていくための情報のほんの1つのものにしかすぎません。

また、僕自身の経験からいうと基礎体温を治療に反映させる情報として見るには、できれば過去3周期の基礎体温が必要です。

標準的な基礎体温パターンの載っているものは、全て月経を0地点として28日周期で見ていますが、月経周期は日数的にリセットされても身体的にリセットされるわけではありません。

一度、死んで蘇れば、そこからの月経は「リセット」されたことになると思いますが、そんな人いるわけないですね。

前の月経周期の影響は、次の月経周期に影響するのです。

だから、最新の1つの月経周期だけをみて「どうだ、こうだ」とは言えないのです。

それに先ほども話した、ホルモン剤などが体に与える影響があります。

基礎体温を体質とリンクさせて見ていこうと思ったら、理想は、過去3ヶ月前(それ以上前でもよい)から現在までの基礎体温と、できれば、病院で不妊治療を受ける前の3周期以上の基礎体温表が必要です。

それらを1周期、28日ごとに区切ってみるのではなく、今までの流れを一つのストーリー(途中の月経は単にひと区切り)として追いかけて、分析していく必要があるのですね。

ここまで「分析は詳しくしないと」なんて話しながら、今更こんなことをいうのは、なんですが、基礎体温が計っているのは、0.5℃位の幅です。

あなたが風邪などで熱が出るときは、1、2℃なんて余裕で動きます。

それくらい細かい、ちょっとしたことで数値が、ぶれるレベルのものを計っているということです。

それに、電子体温計を3本くらい持っている人がいたら試してみてください。

メーカーさんが違えば、ほぼ同時で計っても、全部違う体温が出ることもあります。

そんなものなんです。

基礎体温は、数々ある体質を分析する要素の1つです。

観察し、分析することによって、得られることもあるし、精神的にストレスになる人なら、つけるのをやめてしまうのも治療になることもあります。

漢方って、そういうケースバイケースを考えて治療します。

その人の体質や精神に合わせる曖昧さが心地よい医学だっていうことですね。

基礎体温だけで体質は語れません。

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

プロラクチン値を下げる効果のある漢方薬なんてありません

うちの患者さんが、他で西洋医学の不妊治療の病院に通っているのですが、そこで「プロラクチン値が高いからプロラクチン値を下げる漢方薬を飲んでください」とその病院から言われたそうです。

この病院、前にも通院初期で「不妊症を治す漢方薬を飲んでください」と勧めていました。

その患者さんは、うちで漢方治療をしていて、尚かつ、うちでは本来の漢方の説明を十分に行っているので、「漢方専門のところでみてもらっているので必要ないです」と2回も断る羽目になりました。

以前に一度、病院の漢方薬を飲む事は断っているのに、また同じように勧めるとは、なんて空気の読めない医者なのかと思いましたが、それはおいといて・・・。

そもそも「不妊症を治す漢方薬って何?」「プロラクチンを下げる漢方薬って何?」って話です。

医者は、漢方の医学理論を一切知らず、「病名漢方」というマニュアルで選んでいるから、しょうがないんでしょうが、漢方薬は「証」というものを立てて選びます。

「証」を立てるとは、その患者さんを「東洋医学的」に、「体質や不調の原因」をどう診たか?診断結果です。

この「診断」は決して、西洋医学の病名診断や西洋医学の検査数値のことじゃないですよ。

これ、医者自体が勘違いしているので、気をつけてくださいね。

漢方と西洋医学は何の関係もありません。

その東洋医学的な体質判断のあかし(証)を立てて、それに基づいて漢方薬を選ぶのですね。

ちなみにツムラの医者向けの漢方薬のマニュアルにも漢方薬を選ぶ際は「患者の証を考慮して投与すること」と書いてあり「効能・効果」「使用上の注意」は補完する情報として「参照」してください。と明記してあります。

つまり「漢方の理論にのっとって漢方薬を選び、西洋医学的な効能、効果は補助的な情報にすぎないので、参照に留めてください」と書いてあるのですね。病名マニュアル漢方やってるお医者さん方、知ってました?

知ってても理解ができないか・・・

実は、それ書いてるツムラが漢方薬をより広く医者に使ってもらうために「西洋医学の病名だけで処方する病名漢方」を広めているみたいですが・・・とツムラの元営業マンから聞きました。

要するに、東洋医学の証(体質)に「不妊症」とか「高プロラクチン血症」というものは存在しません。

不妊症のAさん、不妊症のBさん、不妊症のCさん。

高プロラクチン血症のAさん、高プロラクチン血症のBさん、高プロラクチン血症のCさん。

病名や症状だけを切り取ってみてみると同じようにみえますが、みーんな、体質が違うのです。

みんな体質が違うので、飲む漢方薬もみんな違います。

ついでに言うと年齢も不妊歴も、今までの不妊治療の経過も他で持っている病気も違うのです。

「不妊症」とは「子供が授かりにくい状態」のことを言ってるだけ。

だから、おっきな、ざっくりグループでは不妊症だけど、「不妊症」や「高プロラクチン血症」だけでは、体質の事は何1つ、現してないのです。

だから「不妊症」や「高プロラクチン血症」に効く漢方薬って・・・ないです。

まーあるにはあるけど、ちゃんと体質で合わせてねって感じ。

いくら漢方医学のことをメーカーさんから貰う資料と勉強会でかじっただけといっても、その処方の方法はあまりにも適当ではないですか?お医者さん!

うちの患者さんに関して言えば、病院で漢方薬を勧められるとみんな困っています。

なぜなら、漢方とは、どんな治療なのかを僕から詳しく聞いているので、「不妊症」や「高プロラクチン血症」に効く漢方薬って言われたって、そんな考え方の漢方薬を飲んでみよう!って思わないから、困っているのです。

医者って裸の王様すぎて、こっちが恥ずかしいです。

患者さんは、西洋医学は西洋医学で診てもらいたいと思っています。

僕も何も不妊症には漢方薬が一番いいとは思ってません。

体質や状況によったら、西洋医学の方が効果的な場合もあるでしょう。

また、漢方の事があまりわからず「病院が出すのならいいのだろう」と何も知らずに飲まれている人もいるでしょう。

患者さん側がそれぞれの状況や考えで、飲まれるのは、全然いいと思います。

しかし、うちの患者さんのように本来の漢方医学の事をわかっているから、「医者のテキトー漢方薬」は飲みたくないという人もいます。

でも、そんな人も病院からすすめられた漢方薬を断ると「気を悪くされて今後の治療をちゃんと診てくれないんじゃないか」と心配されます。

だから、これからは、「うちは漢方薬を処方しますが、東洋医学は全然わかってません。マニュアルでやってます」とか、「病名漢方のマニュアルで選んでいて、私は素人同然ですが、飲んでみますか?」と正しく!説明してください。

漢方薬は自然のものなので、限りある資源です。

曖昧でテキトーで、よく分かっていないなら、ブームだからって無理して、「漢方薬の無駄使い」をする必要ないですよ。

未来の子供達にすばらしい資源(漢方薬)を残してあげるのも医者の務めではないでしょうか。

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

不妊治療の病院で、とりあえずホルモン剤を飲むのは、おかしな治療

うちには若くして、不妊症で悩んでいる方も来られます。

20代前半位の若い患者さん達に共通する、ある「奇妙なこと」があります。

それは、病院でホルモン剤を飲んでいたということ。

なんで、奇妙なことかというと、その病院の検査で何の問題もなく、基礎体温も理想とまではいかないけど、月経周期も低温期、高温期の2層性も、排卵日も安定しているのですね。

つまり、目立って悪いところはないのですよ。

なのにホルモン剤。

僕が新めて、体の状態をお聞きしても「ホルモン剤、いらないでしょって」感じです。

そして、その方々の全員がホルモン剤を飲み出してから、見るからに体調が悪くなり、怖くなって、自然治療のうちに相談に来ていただいたって流れなんです。

(悪くなる症状とうのは、むくみや吐き気、頭痛、のぼせが多いです)

なんで「問題ない」感じの人にホルモン剤を処方するのか?

詳しく聞いていくと、西洋医学らしい3つの考えが影響していると思いました。

これは僕の個人的考察ですが、

1つ目は、西洋医学は、全体のバランスを整えるという意識に欠けている。

2つ目は、薬は良い方向の働きしかないと思い込んでいる。

副作用は稀で実際には、ないかの如く思い込んでいる。

3つ目は、ホルモン剤が不妊症の治療薬だと勘違いしている。

最もイタイのは1つ目、いや、考え的に全部きついですが・・・。

西洋医学の不妊治療は決定的に全体を見通すバランス意識が欠けているようです。

そもそも、人間の体を胃腸内科とか皮膚科って、分けている時点で終わってますよね。

ホルモン剤の必要ない方に処方する時の説明が「特に原因や問題はないけど “念のため” 排卵誘発剤を飲んでおいてください」

なんで、原因がわからず、問題がないと考えてるのにホルモン剤が出るの?

『念のため』って何?

ここがバランス意識の欠如。

思考の欠如、理論の欠如とも言えますが・・・

漢方では健康は絶妙なバランスで成り立っていると考えます。

多くても少なくてもダメ。弱すぎても、強すぎてもダメ。

丁度、その人にとって良い真ん中ですね。

ところが、病院は、薬なら飲んでいて損はないと思ってるみたい。

思考が単純すぎる・・・

例えば、外では雪が降っているけど、そこそこ温かい部屋があるとします。

外で雪が降っているので、部屋が冷えるといけないということで「念のため」エアコンをつけます。

それもガンガンに。

どうなるかっていうと放っといたらベストだった室温がグングン上がっていきます。

初めは上着を脱ぐくらいで済んだけど、それでもドンドン温められて熱くなっていきます。

それが続くとのぼせたり、気持ち悪くなったり、吐いたりするんですね。

これが、必要のない人がホルモン剤を飲んで副作用を起こしている状態。

必要があるかどうかもわからないのに、ガン!ガン!ホルモンを足しています。

じゃあ、どうすればいいのか?

エアコンつけずに放っときゃいいのです。

「念のため」なんて必要ありません。

また「念のため」なんてもの通ようしません。

人間の体はその時に何がどれくらい必要かを見極めないといけないのです。

寒くなりすぎたら、熱くなりすぎないように「その時」に適切な温度を探し出して調節すればいいのです。

そして、熱くなりそうになったら、エアコンを切る。

その調節ができるから、専門家でありプロだと思います。

検査や基礎体温で、おかしくないのに無理にホルモン剤を飲む事自体、患者さんを病気にしています。

「念のため」というのは、要するに「やみくも」とか「テキトー」って言うんですよ。

2つ目の問題は、1つ目のバランス感覚がないことともつながるのですが、薬は良い働きしかしないと思っているような処方の仕方が多いです。

もちろん「副作用は知ってるよっ」て言うでしょうが、現実の処方の仕方は副作用がないかの如くです。

だから、問題のない人にでも「念のため」の処方ができるのだと思います。

「飲んどいたほうが得ですよ」って感じ、「ないよりはマシ!」と貧乏くさい感覚ですね。

3つ目は、ホルモン剤自体が不妊症を克服すると考えている感じがあることです。

まーこれも「そうじゃないのはわかってる」って言われそうですが、結果をみると、問題なくてもホルモン剤を飲んだほうが、得的な感覚になっているのではないでしょうか。

妊娠するための月経リズムは、複数のホルモンで成り立っています。

そして、個人差があり、お一人、お一人、独自のリズムを持っているのですね。

そう、「個人差」「体質差」があります。

だから、西洋医学であっても、本来は漢方みたいに体質別に一人ずつ、ホルモン剤のグラムや種類の組み合わせを変えていかないといけないと思います。

でも、現実にそれをやると0.0何gとか、「毎日来てください」とかやらなくちゃいけないだろうから、病院は大パニックですね。

ホルモン剤は妊娠するお薬ではなく、月経周期の乱れている方の調節を行うものです。

だから、おかしくない人は飲む必要がありません。

でも、ホルモン剤も何も治療がなかったらどうすればいいのか不安ですね。

不妊症は、月経リズムの形やホルモン量の問題ではなく、親になる自分自身が健康かどうかが、根本的な問題なのです。

だから、ホルモン剤で無理に基礎体温やホルモン値をいじる必要はありません。

漢方や養生で体質を整えればいいのです。

(ちなみに自分の体質に合わせた養生はお金がかかりません!)

漢方薬も妊娠させる効果があるわけではありません。

当帰芍薬散はホルモンを活性化させるわけじゃないのですよ。

体質を分析し、その体質にあった漢方薬で整えることによって健康になり、健康になれば、若い頃のような健やかな安定した基礎体温やホルモン状態になり、その結果、自然妊娠できるのです。

人間の身体とはそういうものです。

外側から強制的にいじったからといって、うまくいくとは限りません。

考えが単純すぎます。

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村