サプリメントと漢方薬の違い。

「マカは不妊にいいのでしょうか?」

「葉酸は不妊にいいのでしょうか?」

うちで相談をしているとよく質問されます。

マカとか、いろいろなサプリメントのことを順番に書いていこうかなと思ったのですが、その前にそもそもサプリメントと漢方薬の違いを説明したほうがいいんじゃないかと思ったので、そこから説明します。

漢方薬は生薬という食べ物に近いものを何種類も合わせて1つの処方をつくります。

食べ物に近いものというのは生薬も自然からできるものなので、そう書いたのですが大きく見れば食べ物です。

生薬の中には生姜とかゴマ、くずなどの食べ物でおなじみのものもあるので、厳密には生薬も食べ物です。

ただ普段、僕らが食べているものと一線を画すのは生薬は薬効が強い事

実は食べ物1つ1つにも漢方的に見ると薬効があるのですが、生薬ほどは効果がありません。

生薬も普段食べているものも、どちらも食べ物ですが、その中で効果の強いものが薬になったといった感じですね。

サプリメントも食べ物由来のものが多いのですが、サプリメントはいくつかの種類に別れますので、まずはその種類から。

現在、サプリメントと呼ばれるものの中には3つのカテゴリーがあります。

1つはビタミン、ミネラル系です。

ビタミンCから始まって不妊症でよく必要だといわれている葉酸もこのビタミン系ですね。

2つ目は何かの食べ物のエキス

セサミンは要はゴマ。後、青汁なんかもこのカテゴリーです。

一般的に広く知られているサプリというのはこの2つのカテゴリーのどちらかであることが多いです。

もしくは、2つ合わせて、何かの食べ物エキスに「ビタミン・ミネラル」が豊富に含まれている。というパータンです。

3つ目は漢方薬の生薬の1つか、いくつかをサプリメントとしているもの。

こういったサプリは勝手に漢方薬と説明していたりします。

タンポポ茶などがそうですね。

生薬使っているなら、「漢方薬じゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は決定的な違いがあります。

ビタミン系のサプリメントはアメリカの最先端の研究では「ビタミンは単体のビタミンのみで働くわけではないので、飲んでも意味がない。それどころか害になる場合もあるので、飲まないほうがいい」とか言われ始めました。

例えばレモンにビタミンCは多いですが、ビタミンのみで身体の中で有効に使われるわけではありません。

他のミネラルなどのいろいろな成分が合わさって効果的に働きます。

つまり、ビタミンCを有効的に身体で使おうと思ったらビタミンC以外も必要になり、その他の必要なものを集めたら「レモンになる」ということですね。

「だったらレモンでいいじゃないか」という振り出しに戻る話しですね。

ビタミンCをとった後にオシッコの黄色くなるのは、明らかにちゃんと吸収されていません。

それが更に他の材料が足りないからビタミンCとして有効的に働かないよといわれたら、サプリメントってもはや自己満足のなにものでもないわけですね。

漢方薬は漢方薬の中の何かの成分が効果を発揮するわけじゃないので、ビタミン系サプリと漢方薬は全くの別物です。

次に2つ目の何かの食べ物のエキス。

漢方薬の中の生薬も食べ物の仲間なので、これは違いが少なそうですが、これも全くの別物。

そもそも、ゴマとかお酢って普段、そんなバカバカ食べません。

これもさっきのビタミンの成分的な考えと同じでゴマの中のセサミンという成分がなんたらかんたらと説明してても身体の中では、その成分だけで有効的に働くわけじゃないのですね。

それにさっきのビタミンと違って今度は生薬に近い漢方です。

食べ物には食性があります。

例えば砂糖は身体を動かすエネルギーですが、有効的な成分だからといって、サプリメントのように砂糖のエキスをたーーーくさんとったらどうなるでしょう。

逆に身体は疲れます。

そして砂糖の副作用である吐き気に襲われます。

長く続けたら糖尿病です。

砂糖はわかりやすい例ですが、砂糖だけが例外ではありません。

ゴマやお酢も同じ。

当然、ゴマやお酢にも食性があるので、成分が良いからってたくさん摂るものではありません。

もし、ゴマやお酢をたくさんとったほうがいいと思っているなら、砂糖や塩だってたくさんとってもいいと思います。

ちなみにゴマの副作用は余分な熱がこもること。

胸焼けなども起こします。

つまり、漢方的には、普段から熱がこもる熱証タイプにはになります。

お酢の副作用は胃痛です。

要するに簡単に言えば「バランスを崩しているから身体にかえってよくない」ということですね。

サプリメントと漢方薬との違いはここ。

この手のサプリメントは漢方薬と正反対でバランスを崩しているので、毒になりかねないということです。

最後の生薬を使っているサプリメント。

タンポポ茶などですね。

これは、非常に漢方薬によく似ています。

原料はなんだったら一緒です。

生薬系サプリメントと漢方薬の違いは、先の2つのサプリメントとは全く違う理由があります。

それは漢方薬の配合は、古来より決まっているもので、この配合とバランスによって、「どんな体質の人に合うのか」が厳格に決められています。

漢方薬と体質が合っていなければ、ちっとも効かないのは、こういった漢方の治療の大原則に基づいています。

一方、生薬を使った漢方風サプリは古来の大原則を無視して、サプリのメーカーが自分勝手に配合しているので、どんな体質の人に合うのかがわかりません。

実際は、漢方薬的な説明をしておいて、「ビタミンやミネラル、なんちゃら成分が、体によい!」と結局、よくあるサプリメントみたいな感じになっていて、生薬を使っていながら、漢方とは何も関係がない状態になっています。

サプリメントは要は、ただの栄養補給です。

しかも、本当にその成分が不足しているかどうかもわかりません。

漢方薬は、薬の成分がすごいのではなく、体質に合わせるノウハウがあることがすごいのです。

しかし、医者や大半の漢方薬局の先生は、体質と漢方薬を合わせるノウハウを無視して、病名や症状だけ見て、マニュアルで選んでいるので、漢方薬が、どうでもいいサプリメントに成り下がっています。

●不妊症、二人目不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook:まごころ漢方薬店

Twitter:henjaku

最先端の不妊治療は本当に不妊治療の光になるのか!?

先日、ある記事でおそろしげなことが書いてあった。

その記事には、ある研究チームが卵子の染色体を取り出して、それを別の卵子に染色体をいれて体外受精で成功させたというもの。

要は高齢で卵子自体の老化で妊娠の難しくなった女性の卵子から染色体のみを取り出す。

染色体は遺伝情報が含まれているので、その染色体を若い女性の卵子に入れて、その卵子を体外受精に使えば妊娠が可能だと。

えっこれって妊娠なの?

背中がゾーっとした。

何が怖いって、その記事のタイトルが「高齢出産に光」ってなってること。

「光?どこが光なのだろう。もはや悪魔の実験、ゲスの極み」

そもそも、この実験って若い女性の卵子を借りるとなっていますが、女性の卵子って人類全部共通の同じものなのでしょうか?

これって「人間は機械だからパーツを入れ替えても大丈夫」っていう前提と保証が必要な気がする。

「生まれた子を死ぬまで保証しろ」とかいったら治療しないんだろうな。

染色体は人間を形作る設計図。

だから、それさえちゃんとあれば、その人の子供ができると言いたいのだろうけど、そもそも、現時点の科学で、その遺伝子だけで全く同じ人間のクローンがつくれていない。

遺伝子はあくまで理論上、大体、解明されたといってるだけ。

これ以上はない100%が解明されたかどうかはわかっていない。

何年か経ち、科学が進めば「あの時はなんもわかってなかったね。テヘッ!」ってなりそうでこわい。

病院の治療って、かつての治療をみれば、そんなのいくらであるからね。

卵子自体も厳密に言えば他人と違うでしょ。

だって卵子の細胞にだって、他人の遺伝情報はあるのだから。

毎度、思うのだけど医者の高慢さと人間と自然をバカにした態度には脱帽ものです。

大体、不思議なのは体外受精の成功率が全国平均が30%そこそことめっちゃ低い。

妊娠のことでみんな麻痺しちゃってるけど、3割の成功率のものなんて妊娠のことじゃなかったら普通は治療なんて呼べる代物じゃないですよ。

なんか、こんな悪魔の方法を思いつく暇があったら、せめて現時点で高額な治療費払っている7割がた失敗する体外受精をせめて倍の6割の成功率にしたらどうなんだろうと思う。

ちなみにこの10年で数%しか妊娠成功率が上がってませんからね。

実は肝心の体外受精もフタを開ければグッダグダ。

現在の足下の治療を放っておいて、次の意味不明な治療って。

これって仕事で一番ダメなタイプですよ。

今の仕事はソコソコにして、目先を変えていこうとするのって。

西洋医学は日進月歩というけれど、最近思うのは、化粧品会社や缶コーヒーと同じ方法の商売なんじゃないかと感じる。

化粧品と缶コーヒーは実は昔からさほど内容は変わっていません。

毎回、毎回、なんか流行の成分を化粧品にいれて、昔と対して変わらないものをさも新しいもののように売る。

逆に化粧品などで画期的な方法なんか考えたものって大概、訴訟沙汰になってますよ。

缶コーヒーもタレントなどを変えて目先を変えて売ってるだけ。

西洋医学も進歩しているのじゃなく、これと同じじゃないかと思う。

根本的な原因を考えずに目先の変化だけを追いかける。

「妊娠すための身体を整えるとかは追求しなくていいの?」と思います。

ところが、薬も昔とやってることは変わってない。

なぜかっていうと薬は実は医者は無関係だからです。

薬は何年も何百億円もかけて製薬会社がつくるのです。

医者は出来上がった薬のマニュアルをみて販売(処方)してるだけ。

いわば、ただの薬のブローカーなんですよ。

いろいろな病院のデータと研究でつくるのですが、町医者の実践での意見なんか薬をつくる時に何の参考にもなりません。

そして製薬会社が何百億円もかけています。

莫大なコストがかかっているので、新しい薬を開発したくても、簡単に新しい薬をつくるわけにはいかないのですね。

そんなわけで、医療現場でいろいろな問題が持ち上がってきても、簡単には改善はできないのです。

だから目先の治療方法自体を変えていこうと考える。

実際はこんな状況だから、今回の研究のように新しい研究現場の問題がかけ離れているのです。

で、目先を変えていろいろと研究をすすめていくと、こんなマッドな悪魔のような発想が出てくるんだと思います。

身体のことを研究するなら、手足の冷えや慢性的な頭痛、月経不順が不妊症とどう関係しているのかっていう生物としての根本的な問題点を研究すればいいのかと思うのですが。

ちなみに漢方は、それを何千年と研究してきている医学です。

●不妊症、二人目不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook:まごころ漢方薬店

Twitter:henjaku

出産直前まで飲んでいた漢方薬の意外な効果

うちでは不妊治療だけでなく出産直前まで体質をみさせていただいています。

昔は妊娠したら漢方治療は終了していたのですが、中には8週とかで流産する人もでてきて、タイミングが合って妊娠できたことと、その赤ちゃんを大事に育てていくことは別で考えないといけないということを実感しました。

それから、できることなら、出産ギリギリまで漢方薬を飲むようにおすすめしています。

僕らが不妊症で悩んでいた時は元々、天才児を育てたいと考えていて、いろいろ調べていると人間の頭が良いかどうかは「遺伝よりも妊娠する時の精子と卵子がどれだけ良い状態のものか、そしてそこから生まれるまでの成長をどれだけ良質に育てられるか」にかかっていると書かれていました。

要はお母さんになる人の妊娠時代の体調と子供が天才になるか、頭が悪くなるかが関係しているということです。

「よし!これを実行してみよう」と研究してたら天才児をつくりだすことと不妊症を克服し、自然妊娠する方法が一緒だったことに、いきついたのです。

要は病院のホルモン操作で妊娠するよりも、自然妊娠の方が頭が良くて健康な子が生まれる可能性が高いということ。

何にせよ、漢方でも安胎薬というものが、ちゃんとあって「出来るだけ飲み続けたほうがいい」と文献にも書いてあります。

それにしたがって、うちもギリギリまで漢方薬を飲んでもらっていました。

それにあまり意識されていないですが、妊娠って実は大病につながる危険性もあるのです。

特に危ないのは腎臓

嫁さんに飲んでもらっていたのは「天才児をつくるためにがんばって飲んでくれ」と頼んでいましたが、それだけでなく腎臓を守るという意味でも飲んでもらっていました。

実は家系的に腎臓が強くなかったので。

そんなわけで、しっかりと漢方薬を飲んで出産した結果どうなったかというと…

当時、何ヶ月違いくらいで何人かの友達も出産したのですが、その中でうちの子は段違いに病気をしません

とにかく熱を出しません。

その間に友達の子達は何かにつけ高熱を出したりしていましたが、熱などの病気で心配したことがほとんどありません。

それは現在もそうです。

それと身体が、がっしりとしている

妊娠した時は出産が近づくにつれ、大きく育ちすぎているペースだったのですが、出産間近になると、大きくならず、出産時は標準よりもやや上って感じでした。

ただ、これは漢方薬のおかげなのかどうかわかりません。

ちなみに僕たち夫婦は共に特に身体が強いわけではありません。

どちらかというとやや弱い方。

それから考えると漢方薬のおかげとも思うし、違うとも言えるし。

厳密にはどうなのかを検証しにくいです。

ところが、この最近、出産ギリギリまで漢方薬を飲んでいたという人が何人か来られていた時に、赤ちゃんの状態を聞いてみると…

そしたら、みんな同じような答え。

出産ギリギリまで早いペースで大きく育って、出産したら標準よりもやや上の感じ。

身体つきも女の子も含めてガシッと詰まっていてしっかりとしている感じです。

実際にベビーマッサージの人に赤ちゃんにしては、めずらしくしっかりした体つきだと言われるようです。

それに、とにかく熱を出さない。病気をしない。

うちと同じ状況だったのですね。

これだと漢方薬って、やっぱり飲み続けたほうがいいんだろうなと思いました。

で、天才児なのかどうか?

う〜ん、それは難しかったみたいですね。

よくわかりません。

ただ、うちは、しつけるのに子供を叩いたことも、どなったこともありません。

しつけが大変だと聞いていましたが、説明すればちゃんと言う事を聞きます。

それでいて抑圧されているわけではなく社交的で行動的です。

しつけのどこが大変なのか、僕はよくわかりません。

これもひょっとしたら、漢方薬のおかげかもしれません。

漢方薬を出してるから「赤ちゃんにも母体にも良いって言ってるのでしょ」って言われるかもしれませんが、そんなの抜きにして、漢方薬を飲み続けて生まれた子とそうでない子には生まれた時から差があるように思います。

何かで成功するって、努力は、もちろん必要だけど、現実は、生まれつきの才能や健康がめっちゃ大事だと思うのです。

なので、スタートラインは、できるだけ、天才かどうかはわからないですが、何にでもチャレンジできる健康な体で産んであげたいですよね。

●不妊症、二人目不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook:まごころ漢方薬店

Twitter:henjaku

自然妊娠しやすい性格ってあるのだろうか?

不妊症の治療も、かれこれ12年位やってきました。

そんな中でたくさんの不妊症の患者さんと接するうちに2回目に来店した時の受け答えや性格の感じで、この人は絶対に妊娠することができるなというのがわかるようになってきました。

妖しい宗教系の「あなたな〜ら妊娠でき〜る」という話ではないですよ。

あくまで何人も何人も不妊治療している間に経験的に気づいたことです。

だから、本当にそうかわからないし、まー軽い感じで読んでみてください。

圧倒的に妊娠しやすい人の性格は・・・

「不妊であること、赤ちゃんをなかなか授かれないことを気にしていない人」

もちろん、ご本人の心の中では、いろいろな葛藤があるかもしれませんが、僕と相談していても最後に「まー先生、なんとかなりそうですねっ!www」みたいなセリフが出てくる印象の人です。

この印象の人は実際に妊娠する確率が高いように思います。

こういった感じの人はおおらかで明るい感じの人です。

現実の状態は今まで不妊症なので、現状では自然妊娠しない何かを変えていかないといけない。

うちでは、自分の身体を健康にすることによって新しい健康な生命を宿すことができる(大層な言い方ですが)と考えています。

漢方薬もホルモン剤も妊娠する効果があるわけではないので、とにかく漢方薬や食養生、運動などを駆使して健康で元気になれば、それだけ赤ちゃんが近づいてくるという考えです。

実際に僕たち夫婦も不妊症で悩み、漢方薬を飲んでいただけの時は全然、かすりもしなかったですが、食事や運動を整えてから、すぐに自然妊娠しました。

妊娠しやすい人の性格はおおらかで明るい人。

こういった人はあまり細かいことを気にしない。

だから、食事や運動も、そう神経質に「やらなくちゃ!」ってならないんですね。

これは、ある種の矛盾のように感じます。

妊娠する確率の高い人の性格は細かいことを気にしない人。

でも自然妊娠したければ、薬に頼るのではなく積極的にいろいろと取り組んでいかなければいけません。

そうなると、当然、いろいろ細かなことが気になります。

じゃあ、細かなことを気にしない人が妊娠しやすいのであれば、神経質に考えなければいいのではないか?

でも、これも無理なことに気づきました。

自然妊娠しやすい、おおらかで明るい人は、多分、生まれつきそうなんです。

もしくは育ってきた環境で。

「クヨクヨと悩まないけれど、やらなくちゃいけないことは結構、神経質に細かくできる!」

だから、結論から言うと妊娠しやすい性格というのはあると思っているのですが、妊娠しやすい性格には意図的にはなれないのじゃないのかなと。

なれないけど、近づくことはできると思います。

それは行動を変えること。

妊娠しにくい人の性格的な傾向としては、「ネットなどで、とことんまで調べて自分だけで悩む人」が多いように思います。

そして、その結果に一喜一憂している。

そりゃそうですよね。結局、ネットなんて、本当かどうかわからないから、調べれば調べるほど、疑心暗鬼になっているはずです。

ネットだけでなく、周りの人の情報にも振り回されやすい傾向もあります。

「あの人はこう言っていた。この人はこう言っていた。どうしよう・・・」みたいな。

妊娠しやすい性格の人は、他にどう書いてあったか?

誰かが何を言っていたか?良いも悪いも「知ったこっちゃない!自分は自分!」とばかりに意に介していない印象があります。

もちろん、調べることが悪いことではありません。

ただ、その情報が判断できずに振り回されるのであれば、調べないほうがマシのような気もします。

後、妊娠のために取り組まないといけない食事や運動を整える問題。

ここがミソになります。

こういったことを「全く気にしない」

つまり、やらなければ気にならないし、神経質にならずに済みますが、それでは「妊娠するために何もしていない」つまり不妊の時と変わらない状態、状況になってしまうので、自分自身でどんな風に取り組んでいけば「気にせず」に実行できるかを自分自身に無理のない方法を考えていけばいいのです。

だから、うちでは「これから、どうやっていこうか」という相談を漢方薬を選ぶのと同じくらい時間をかけてやってますよ。

●不妊症、二人目不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook:まごころ漢方薬店

Twitter:henjaku

私は○○(サプリ・漢方薬)で妊娠しました!について考える。

不妊症を克服するために、今はいろいろな方法があります。

不妊症専門の病院や漢方薬、サプリメント。

ちょっとキワものだと一昔前に流行った妊活情報商材というものもあります。

何が正しくて、どれだったら間違っているというものはありません。

ただ「これを読んで実行すれば妊娠します!」みたいな本だったら1500円くらいの本や情報だけで高額をとってる情報商材系は、平たく言えば詐欺に近いものだと思いますが・・・。

あれはあれで、「情報商材出してる先生は儲けでやってんだろな」って僕的には「行かなくてもいい店候補」にいれることができると思うので、それはそれで候補から消去する手間がはぶけて便利ですが。

そんな詐欺まがいのサービスは放っといて。

病院や漢方薬、サプリメントで良いものや良い所を選ぼうと思ったら、何を指標に選びますか?

多分、選ぶ基準で最も影響が強いものは成功者の体験談だと思います。

「私は○○(サプリや漢方薬)で妊娠しました!」

「同じ、不妊症の人が○○で妊娠したんだ!私もやってみよう!」

なんか、成功した人の話って読んだりしただけでテンション上がりますよね。

ところが、これほど、あいまいで何の保証もない都合のよい宣伝はありません。

Webサイトの世界では商用のホームページを製作する際の鉄則があります。

鬼の掟といってもよいものです。

それが体験談を前面に押し出すこと。

「私は○○サプリで妊娠しました!」

「私は○○漢方薬で妊娠しました!」

「私は○○情報で妊娠しました!」

これは不妊症にかぎらず、どの分野でも鉄則です。

とにかく成功体験談!

「これさえホームページにあれば、食いつきますよ」ってネットのコンサルタントやWebサイトの製作会社さんから指導されます。

そして、ネットの世界は一見、いろいろ知れて便利なようですが、ねつ造なんて当たり前の世界です。

成功体験なんて実際にいなくてもいくらでも書けます。

どうせ、その体験談が嘘かどうかなんて調べられることなんてないので書き放題。

全部が全部、嘘だとは言いませんが、別に「絶対に本当の体験を書かないといけない」という強制力はありません。

病院だって、漢方相談の店だって、サプリメントを売ってる店だって、誰だってたくさんのお客さんに来てもらいたい。

たくさんの人に来てもらいと思ったら「成功体験談!」

後はそこの先生が、どれだけ正直でいられるかだけです。

ただし、正直でなかったかどうかを誰かに確かめられることはありません。

いくらネットに不慣れな人でも、たかだかパソコンで文字を打つだけの体験談が全部が本当だとは思ってないでしょう。

そんな流れから「実際にお客さんからもらった直筆の手紙」をホームページに載せようという流れになった時期もあります。

今度はネットのコンサルタントやWebサイトの製作会社さんから「直筆の手紙の写真を載せてください」とせっつかれます。

これだって、直筆って言っても、別に誰かに適当に書いてもらったらいいだけなんですけどね。

皆さん、ご存知でしょうか?

ネットで買い物する人なら気づいているかもしれませんが、ジャンル問わず、体験談を前面に押し出している店やモノって低価格でゲスい感じのものが多いのです。

逆に高級で信頼のありそうな店やモノほど「あなたの友達が買ったから買ってくれ」とか「こんなに成功者や満足した人がいます」って宣伝していないのです。
そんなのは、ないほうがいいってわけじゃないですよ。

信頼の高そうなところは「なぜダメだったか」「どんなところがダメか」も見せています。

これは勇気がいります。

だって、大抵は甘い言葉の方がイイに決まっているので良くないことなんて見せないに越したことないからです。

でも、自分の人生を冷静に振り返ったら、何かを達成したい時に、簡単にいったことなんてないはずです。

何かを成功させる時って現実は紆余曲折してうまくいくものです。

妊娠だって一緒。

良いことばかり書いてある成功体験の話は、そんな裏もあるかもしれないと思って読むくらいでちょうどいいですよ。

●不妊症、二人目不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook:まごころ漢方薬店

Twitter:henjaku