排卵がありそうなのに、なぜクロミッドが必要なんでしょうか?

「月経が普通に毎月あり、排卵も毎月あるのにクロミッドは必要なんですか?」

うちでよくある質問です。

クロミッドとは排卵誘発剤のことで、役割は排卵が行われるようにするホルモン剤です。

「排卵が普通にあるようなのに排卵誘発剤を処方する」

例え、医学知識がなくても、治療としてはおかしいと思いますね。

僕は漢方研究家なので、西洋医学としての意見ではないですが漢方の自然医学の立場から見ると月経が定期的にあり、ある程度2層に別れ、排卵らしきものがある人は全く必要ないと思います。

それどころか、使用して、かえって悪くなることもありますよ。

クロミッドは正式名称をクエン酸クロミフェンと言います。

排卵誘発効果というと、誰でも排卵させてくれるような感じがありますが、作用を厳密に見ていくとクロミッドは視床下部の脳下垂体に働きかけ卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモン分泌を増加させて卵胞の成熟と排卵を促します。

当然ですがクロミッドは「排卵のない人に使用する」となっています。

なのに今は、不妊治療の初期コースみたいになっています。

こういった治療の方法は、西洋医学の悪い癖みたいなものだと思います。

西洋医学には、身体全体のバランスをとっていこうという感覚がありません。

西洋医学では、良いと思われるものはなんでも足しとけばいいという考え方がある感じです。

だから、クロミッドが必要なさそうな人にも「とりあえず」処方するのですね。

「排卵を促してくれるんだから、足しとけば排卵が強くなるんじゃないか」

「良いものをプラスするのに悪いことなんてないだろう」

なんとも子供じみた安易で単純な発想です。

うちに来る患者さんで20代前半で月経が定期的にあり、基礎体温も2層に別れ、排卵もしているようなのにクロミッドを処方されていました。

ホルモン剤を全部やめてもらって漢方薬のみにしたらすぐに妊娠されました。

病院の治療の方針が一体どこにあったのかがわからないですね。

というか、方針もクソもないのでしょうが。

漢方では、誰でにでも良いものという考えはありません。

漢方は、身体が冷えている人には、温める漢方薬を身体に余分な熱のある人(アトピーも体質によっては熱症状)には冷やす漢方薬を合わせます。

そうやって身体のバランスを整えて、冷えてもいない余分な熱もないニュートラルな位置に調整します。

身体が冷えている人にとって、温める漢方薬は良いものですが、余分な熱のある人には余計な熱が増えるので毒になります。

だから漢方では、西洋医学のように、とりあえず飲んでおけばいいという考えはありません。

必要ないものは、飲まないほうが身体にいいからです。

漢方はこういったバランス感覚が治療の根幹になります。

だから漢方から見ると、当然、月経が毎月あって、ある程度2層で、排卵があるような人にクロミッドはいらないのです。

いらないどころか、バランスを崩しちゃうので、よけい身体に悪いですね。

クロミッドは、誰でも排卵させるものではなく、ホルモン刺激によって女性ホルモンの分泌を促す作用です。

体内のことは実際には誰にもわかりませんが、月経が毎月あって、ある程度2層で、排卵があるような人は、クロミッドを飲まなくてもクロミッドの効果のような女性ホルモンの働きを自前で行っています。

自分でちゃんと仕事をしているのに、更に被せるように働きを強制されたらどうなるでしょう?

そう、過剰に働くのです。

だから、クロミッドでたくさん排卵させられたり、卵巣が異常に大きくなったりするのですね。

この副作用の考え方は、西洋医学と東洋医学では先ほどのバランスの考え方で180℃変わってしまいます。

副作用の考え方の違いは次回にでもブログにします。

必要のない人にとっては、わざわざ異常な状態にするようなものです。

自分のホルモンバランスがクロミッドのホルモン作用によって崩されるのです。

いろいろな患者さんの話を聞いていると、クロミッドが合う人もいるんだなと感じることがあります。

それは、さっきから話している人と正反対の人。

毎月、月経が来なくて、基礎体温も2層にならず、排卵らしきものが、全然ない人。

この人は、ホルモンの分泌が不足していそうですね。

そんな人は、やっぱりクロミッドの効果が高い感じがします。

ちなみにクロミッドで妊娠している人の大半は月経がかなり不順な人らしいです。

逆に言いかえれば、そんな明らかに月経や排卵状態が悪い人と、そうでない人が一緒の薬を飲んでいるのですね。

体質が全く逆のようなもんですから同じ効果なわけがないですね。

残念ながら、そんな都合がいいわけありません。

いくら西洋医学でも、ちょっとくらい、体質に合わせてほしいものです。

例え、西洋医学でもバランス感覚は重要です。

ある月の卵巣だけをみて、排卵していないとか判断するものではありません。

ここ何ヶ月かの体調、月経リズム、基礎体温の2層性を総合的に見て判断しないといけません。

無排卵が明らかでない人にもクロミッドを出してるお医者さん。

人間の身体はそんな単純な治療方法が通用するほど甘くないと思いますよ。

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

基礎体温からいろいろとわかる漢方的体質

僕のところでは、何カ所かの不妊治療の病院を経験されてから相談に来る方が多いです。

病院での治療を聞いていると、中には基礎体温は提出はさせられるが、明らかにサッと目と通しているだけか、あるいは全く見ていないそうです。

うちは漢方専門ですが基礎体温はかならず見ます。

それもサッとじゃなく、じっくりと。

実は基礎体温って体質と合わせて見ていくと、いろいろなことが分かってきます。

西洋医学では、月経周期28日で、排卵日が14日目、低温期14日間、高温期14日間という理想の形があって、それを基準にどうなのか見て行きます。
(見てないかもしれませんが)

この見方は西洋医学なんで体質的に見ているわけではありません。
「理想的な形通りにいっているかどうか」を見ています。
良いか、悪いかの2択ですね。

ところが、僕がたくさんの不妊症相談をしてきた経験では理想の形の人の方がレアです。
(漢方治療で妊娠した方の最後の基礎体温表を参考にしています)

基礎体温も実は皆さん、それぞれの体質が出ています。

漢方薬局のサイトなどに「低温期が長いタイプの原因は黄体機能不全が考えられ・・・」など何パターンかに分けていることがありますが、血液型じゃないですが、はっきり言って、あんな共通のパターンなんかありませんし、ホルモン治療していたら、人工的に歪に形が変わってきます。

僕のところでは、判断した体質と基礎体温を合わせて考えていきます。

つまり「このパターンなら、あなたはこういった原因」というのではなく、治療していきながら、その人、本来のリズムを探していくといった感じですね。

だから、ほんとに人それぞれ違いますし、理想の形にならないと妊娠しないわけじゃないのです。

重要なのは「本来のあなたらしい基礎体温」

だから、普通と逆ですね。

「基礎体温の形がこうだから、これこれが原因です」

ではなく、

「原因や体質がこうだから、今の基礎体温はこうなってる」

「だから、体質がこう変化していくと基礎体温はこう変わってきます」

ってなります。

だって基礎体温は身体の中の「現在の状態」をそれなりに数値化しているだけなので。

うちでは、可能であれば過去3ヶ月以上の基礎体温を見せてもらいます。

また、ホルモン治療をされている方はホルモン治療をしていない自然な状態の時の基礎体温も見せてもらいます。

だって、ホルモン剤は基礎体温を時には無理矢理にねじ曲げてますから。

ホルモン剤ありなのか、ナシなのかを知っておかないと正しい判断はできません。

また、たくさんの方の基礎体温表をみてきて分かったのですが、低温期が長いとか、高温期に移行しないとかといった単純な形ではなく、細かく見ていくと、ある特定の時にピンッと上がったり、または下がった後に2日間同じだったりと、非常に個性的な形があったりするのですね。

その形が特に関係ない時もあるし、体質と並行してみていくと密接な関係がある場合もあります。

それともう1つ重要なのは、うちで漢方治療していると、結構、早くから不快な症状なんかがなくなったりします。

表面上は、健康な感じになるのですね。

しかし、身体の深い部分ではアンバランスがあるはずです。

漢方は、主に自覚症状から体質を分析しますが、その症状がなくなってるので、今度は、基礎体温の微妙な形で体内のホルモンの状態を推測するのです。

それを1つの参考情報として、漢方薬をあわせていくこともあります。

とにかく標準的な人はあまりいないと言う事ですね。

標準的じゃないからといって悲観しないでください。

うちでは妊娠するひと月前の高温期が11日あるかないかの人なんて、めずらしくありません。

それよりも、あなた本来のあなただけの基礎体温を探しだすことが重要ですよ。

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

漢方治療が目指しているのは自然妊娠

今さらなタイトルですが、漢方が目指しているのは自然妊娠です。

漢方薬はお薬ですが、西洋医学のお薬とは違います。

西洋医学のお薬は化学でつくられ人工物です。

漢方薬は自然の法則にのっとった自然の植物や鉱物です。

西洋医学は人の身体をバラバラに考えて治療します。

だから、皮膚科とか、循環器科とか、身体の部品ごとの各科に別れています。

東洋医学は、人の身体が全てつながっていると考えて治療します。

(自然に考えれば当たり前)

西洋医学では、不妊治療でもバラバラに考えます。

低温期のホルモン、高温期のホルモン、プロラクチン、卵巣、卵管、子宮内膜など、それぞれの部品をどう治していけばよいのかを考えます。

逆に言えば、「どれもつながって関係しているとは考えて治療しない!」といってもよいと思います。

漢方は、身体全体を整え、健康で活気にあふれた身体づくりを目指します。

それが自然妊娠につながります。

漢方をやっていても、漢方を勘違いした先生が、ホルモンを活性化する漢方薬とか、着床しやすくする漢方薬とかと言って、すすめたりしますが、漢方はそんな部品ごとに見たりはしません。

それは、漢方薬を使っているけど、漢方医学は全く理解できていない人の処方です。

不妊病院では患者さんはホルモン剤などに頼ります。

薬や化学的な技術におかませするのが西洋医学の治療ですね。

漢方では、おまかせはいけません。

ホルモン剤や化学的な技術に頼るのではなく、自然体、つまり健康体を自分でつくりあげるのです。

漢方薬も漢方の知恵も、そのお手伝いです。

僕におまかせではなく、一緒に自然妊娠を目指します。

もちろん、体質を整えていく漢方薬は僕にまかせてください。
専門家ですから。

体質にあわせた生活の方法も僕にまかせていただければ、その方にあった方法をアドバイスできます。

しかし、それらの自然妊娠するためにしないといけないことは、「あなたが実践します」

不妊治療の病院のようにただ、通って、ホルモン剤を飲んで、注射をしてもらって、長く通いだしたら、人工授精して、それでダメで、体外受精して・・・
では、ただ、ただ受け身だけで妊娠の確率は低いのです。

自然妊娠するための体質づくり、自然妊娠するための生活。

赤ちゃんは授かりものですが、あなたの努力はかならず実ります。

僕は何人もそんな方を見てきました。

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

不妊治療のメインにサプリを飲むのは妊娠に遠すぎる!

僕は漢方を専門で勉強する前は、サプリメントにかなり詳しかったです。(今も詳しいと思います)

あるサプリメントの原料を中国から手配して、中身を何にするかを考えて、パッケージをどうしてこうして、検査をして、販売をどうするかまでのお仕事をしたこともあります。

サプリは裏の裏側まで見てきました。

うちでは、サプリメントは、ほぼ扱っていません。

なぜなら、僕はサプリメントを信用していないから。

これ、ちょっと誤解されるかもしれないですが、サプリメントが効かないとは思ってません。

何かには効くのでしょうけれど、実際のサプリの「効く」という考え方がよくわからないからです。

「でも、データとか科学的根拠があるじゃないですか?」って声が聞こえてきそうですね。

あのデータは、サプリの会社が売るために工夫しながらデータをとるのです。

大体が「そういうこともないこともにないけど、結局、こじつけ」というレベル。

そして、大して医学的根拠のないものにしてはサプリメントはお値段が高い!

月に2万円も3万円もするサプリ飲むなら、体質を徹底的に分析した漢方薬1本でいくほうが、よほどわかりやすい。

サプリの最も大きな問題は、どんな人に良くて、どんな人に悪いのかが、わからないことです。

サプリのメーカーさんに、この質問をすると、かならず返ってくる答えは「誰にでもいいですよ」的な返事。

そりゃ悪くないだろうけど、「誰にでもいいと」いうのは、あり得ないです。

漢方は、誰にでも、よい効果とか、悪い効果といったような考え方はしません。

漢方薬は変化を与えます。

「効果があった、よかった」というのは結果論。

例えば、冷え性のAさんと熱がこもっているB君がいるとします。

このお二人に温める方向の漢方薬(同種類のもの)を飲んでもらったら、冷え性のAさんは、身体が温められて冷え性が治ります。

ところが、B君は、熱がこもっているので、身体に余計に熱が入ってきて、症状がひどくなるのですね。

つまり、Aさんには良い効果ですが、B君には悪い効果だったわけです。

じゃあ、この漢方薬はいいもの?悪いもの?

体質は、冷えと熱だけでなく、実際は、もっと複雑ですが、このように、どんな体質に対しても「良い効果がある」といったものは漢方では、あまりありません。

漢方薬が何百種類もあって、体質にあわせなくちゃいけないのは、こういった理由からです。

ある人には良い薬でも、ある人には、同じ薬が毒薬になるのです。

また、その反対もしかり。

漢方薬の中でも少ないですが、体質をあまり選ばないものもあります。

主に滋養強壮系ですね。

ただ、どんな人にも悪い変化を起こさないということは、悲しいかな、変化が少ないからです。

それだと、良くなる効果も少ないということですね。

だから、基本的には漢方の真理からいけば、万人によい効果をもたらすものなんて存在しないのです。要は、自然界にそんな都合のよいものなんてないってことです。

話は戻ってサプリ。

サプリは誰にでもいい。

それは、例えばタンポポ茶なら女性ホルモンにいいとか。そんな感じです。

その効果の証拠は、実験してみてデータによると、うんたらかんたら・・・

ぶっちゃけ、サプリ系のエビデンスなんて、ほぼ当てになりません。

会社がその効果が出るようにデータをとってる場合もありますから。

なくもないという、こじつけなんですよ。

あとは、サプリと言えば、本当かどうかよくわからない他人の成功体験談押しですね。

本当に知らないといけないのは、どんな人(体質)にはよくないのか?

これは嫌みで言ってるのではなく、治療上、漢方の理論からいけば、良くなかった人の反対の体質の人には良い効果があるということですから。

大体、誰にでもいいのなら、僕らは相談してもらう必要ないですよ。

欲しい人がサプリ会社の言ってることを100%信用して、勝手に買えばいいわけですから。

なぜなら「誰にでも、いいんだから」

絶対に良くなるはずですよね。

飲んでりゃ妊娠するはずです。

それが、いつかはわかりませんが。

そんなこんなで、僕はサプリは誰にでも飲めるものとして、あくまで補助で補充的に飲んでもらうくらいしか使い道がないのではないかと思います。

(厳密にはサプリも生薬の性質や食性から、体質を選びますが、それは後日にでも書きます)

不妊治療のメインにサプリ・・・う〜ん、妊娠に遠すぎる!

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村