基礎体温の様子だけで漢方薬をあわせる方法

一般的には、漢方は、症状などを1つずつあてはめていって、この漢方薬だったら、私のいくつかの症状があてはまるから、合ってるんじゃないかと考え、実際にそうやって選ぶもんだと思われています。

この方法は、初期の病位名マニュアルから漢方薬を選ぶ「病名漢方」から、次のステージに進んだ先生なんかが、よくする方法です。

いわゆる症状を占いみたいに、あてはめていって、それに合う漢方薬を探すというやつ。

そして、その漢方薬を飲んでたら、ジワジワと効いてきて、3ヶ月くらいから、だんだんよくります。みたいな。

これは思いっきり、誤解されている間違った方法です。

この「自分の症状と漢方薬をあてはめていく方法」

実は急性病では有効です。

急性病だと症状だけであてはめていくと結構、はまるのですね。

またそれが効く。

もちろん、3ヶ月も飲まなくても、合っていれば3日以内に効きます。

しかし、慢性病には症状をあてはめる方法は通用しません。

なぜなら、そもそも、どの症状に絞り込めばいいのか、はっきりしない場合もあるし、また漢方薬を飲んだ結果、1つの症状は良くなり、他の症状が悪くなるなど非常に複雑な状態になるからです。

(漢方の場合、症状を抑制するわけではないので、自分の気になる症状に合わせるとは限りません。)

特に不妊症やアトピーの場合、治療でも長期戦になることがしばしば。

不妊症は、病気ではないし、症状を治すことが、直接的な目的ではありません。

冷えがなどがなくなることによって、妊娠しやすい身体になりますが、冷えが治ったからといって、すぐに妊娠するわけではないのです。

また、病院や他のお店では「変化が現れるのに3ヶ月かかる」とか言ってますが、体質と漢方薬が合えば、1ヶ月後でも結構、症状はよくなっていきます。

3ヶ月かかるところは、先生も患者さんも3ヶ月かけてのんびりと変化を待つので、だんだん妊娠に近づいているという感じがしますが、うちのように初めの1ヶ月目で症状なんかが、ほとんどなくなったけど妊娠していないとなると・・・

「じゃあ、どうするの?」

ってなっちゃいます。

なぜなら、不快な症状が治ったら妊娠するわけではないからです。

そんな時は基礎体温の微妙な変化から、身体の中の状態を想像し、漢方薬を選んでいきます。

そして、日々の健康な状態に変なリズムができないように、基礎体温がよい状態からブレないように治療するのです。

医者がやっているような、ただなんとなく、症状をあてはめて、漢方薬を選んでいたら、こんなことはできません。

病名や症状から漢方薬を選ぶのではなく、病名、症状、過去の病歴、食事、ストレス、仕事、生活リズムなどから 「漢方的病理」「原因」を考えるのです。

そして、その「漢方的な病気の原因」を治せる漢方薬を選びます。

これはアトピーの治療でも言えることで、目立った症状がなくなったけど、「湿疹は変わらずある」となった場合、漢方の本に載っているような症状をあてはめて、漢方薬は合わせられないので「漢方的病理」を考えて湿疹をなくしていくように漢方薬を調節するのです。

これは、1つずつの症状をあてはめて漢方薬を選ぶことしかできない先生にはできません。

なぜなら漢方的病理や病気の原因である「証」を分析できないからです。

そして、これが本来の漢方治療の方法です。

漢方は、ただ症状から合っているものを探せばいいというものではないということですね。

緻密な治療戦略が必要なんです。

●不妊症、アトピーなど、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

不妊症体験談は嘘だらけ!

「40歳で妊娠は難しいと言われましたが漢方薬で妊娠しました!」

「体外受精を3回!3回とも採卵できなかったのに、漢方を飲んでから採卵できるようになりました!」

よくある体験談です。

ネットで検索したら、この類いのものは山ほど出てきます。

現在、不妊症で悩んでいる方から見れば正にクモの糸!

でも、ちょっと待ってください。

「それ、本当の話ですか?」

ネットは匿名性が高いです。

個人さんのブログは不妊症が発覚した時から、体外受精、妊娠までを事細かく書いてあったりしますが、名前は実名ではなく、体験は本当かもしれませんが、どこかの店や病院が頼んで、
書かせているのかもしれません。

特にWebサイトやブログはネット系コンサル会社などからのアドバイスで、「よりリアルな感じの成功例だけをガンガン書いてください」とか「妊娠成功人数なんかは、3倍位に水増しして宣伝しましょう!」とか言われます。

(実際、うちはやってないですが、そうアドバイスされました)

なので本物の漢方治療を希望なら、成功例や体験談より、

★その病院や店は、不妊治療に対して、どんな考え方をもっているのか?

★本当に漢方を知っている人が書いている情報なのか?

そして、この業界でよくあるんですが、

★どこか別のWebサイトの文のパクリ、もしくは似たようなことを写して書いていないか?

をチェックしましょう。

「えー、漢方の考え方も、漢方を専門に知っているかどうかも、どこかの店の文章をパクッてるのかも、私にはわかりませんよ」

そう思っちゃいますよね。

でも大丈夫。

まず、他の同じ業種のサイトを読みこんでください。

しつこいようですが、その際に体験談、成功例は無視してください。

漢方はおひとり、おひとりの体質にあわせるものなので、○○の漢方薬で妊娠したなんて情報は、残念ながら、あなたには役立つかわかりません。

むしろ、体験談で誰もが同じようなものを飲んで、妊娠した的な事が書いてあれば、その時点で、そこの漢方は怪しいです。

漢方薬は人それぞれなので。

成功例などを無視して、「考え」や「漢方の知識」を読んでみてください。

他のWebサイトも同じように読んでください。

いくつか読んでいると・・・

「なんかここのサイト受け売りっぽい」

「どこかのパクってるな」

というのが、なんとなーくわかります。

感覚でいいです。

そして、自分が通えそうな店をいくつかピックアップしてください。

その後、今まで病院などでも聞きたかったヘビーな質問を3つ位メモってください。

それで準備はOK!

で、その通いたいな〜候補の漢方のお店に電話します。

この時、電話してください。

メールだと自分の時間ペースで返信できるので、ごまかされる可能性もあります。

電話で、いきなり3つの質問をぶつけてください。(もちろん、3つ以上でもいいですよ)

その受け答えとWebサイトの内容を答えあわせしてください。

これで一発で、その病院や店が本物かどうかわかります。

受け売りや内容をどこからかパクッっているところは、外部の業者にブログやサイトをつくらせているので、実際の受け答えとWebサイトの内容にかなり差が出ます。

それで一番、よかったところを選んでくださいね。

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

不妊症によい赤ちゃんを授かる子宝レシピを考える

「不妊症によい赤ちゃんを授かる子宝レシピ」

最近、この手のレシピ本などが出てますね。

僕も不妊症の漢方治療をやってるので、流行にのって、「薬膳から考える子宝レシピを紹介します!」と言いたいところですが、ちょっと違う部分からみてみたいと思います。

自分自身の不妊症体験やたくさんの方の不妊治療を通じてわかったのは、食べ物は「マイナス」から入ること。

どういうことかというと、日本人はサプリ好きでパワーアップが大好きです!

不妊症克服の食べ物となると「身体に何かいいものを食べればいいんじゃないか」と考えがちです。

しかし、実は、何かを新たに買ってきて、料理したり、飲んだりするより、まずは食べない方がいいものをやめていく方が、大事なのです。

相談側の先生も何かを制限するより「これを飲んでたら大丈夫だから」「こんな物も食べた方がいいよ」っていうほうが、やりやすいです。

だって、「あれやっちゃダメ」「これやっちゃダメ」って言われたら、「あそこの先生、うるさいわ!」ってなりますからね。

それでも、あえて言います!

まずは身体からいらないものを抜いていくこと。

抜いていくものは、添加物や粗悪な油、腐ったものです。

これ何かっていう、まずは「チェーン系の外食」

チェーン系の外食は、仕入れしたものをセンターで保管し、各チェーンのお店に配送します。

お客さんの口に入るまで、時間がかかるので、腐りにくくするために防腐剤などの添加物を使います。

腐らせないようにするったって、元々の食材も時間が経った、古いものです。

そもそも、最初に仕入れているものも大体が冷凍食品です。

つまり、使う食材は、やや腐ったものなんですよ。

チェーン系は安いのが特徴です。

言い換えれば、いかに粗悪な安い材料を仕入れるか。

安い食材の仕入れが、その店の利益が上がるかどうかに掛かっています。

油だって、いちいち上質のものなんて使ってられません。

店内では「新鮮でよいものを提供できる努力をしました」的に宣伝しますが、現実の経営でそんなことしてたら、あちこちにお店なんてつくれません!

残念んがら、それが現実。

僕は、漢方相談をするようになってから、料理を作っている人がわからない、その人が直接、仕入れてなさそうな店にはいかなくなりました。

料理人でなく、特に料理に興味ない高校生のアルバイトにつくってもらったマニュアル料理は食べません。

個人経営のお店は、値段が高いイメージがあります。

でも、実際にいってみると、そんなことはありません。

探せば、思っているよりは、安くておいしいところはたくさんあります。

ただしチェーン店みたいに赤色と黄色の大看板に大駐車場!じゃないですから、それなりに探さないと見つかりません。

まーいい店なんて誰でも簡単に探せるようにはなってません。

うちの店では、相談の時にイタリアンだったらココがいい。

お好み焼きだったらココがいいと、よくご紹介しています。

一見、安いけど、粗悪で安いものが出てくるチェーン系のほうがある意味「高い」ですね。

だって安すぎて、どうでもいいものには1円も払いたくないからです。

次にマイナスしないといけないのはカップラーメンや買いやすい安価なお菓子。

有名メーカーのお菓子は、ほとんどアウトだと思っていただいたほうがいいです。

後、コインで買えるジュース。

これらは、全て添加物でカサ増しした添加物食べ物。

精子も卵子も結局、僕たちの食べたものを材料にしてつくられます。

手間やお金をかけて、何かをはじめるのなら「まず、無駄で不要なものをやめる」

基準は簡単、「手軽で簡単、安いもの」は体に悪いのです。

毎日、少しずつ、体に悪影響を与えているものを減らしていきましょう。

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

タンポポ茶って漢方じゃなくてサプリですよ

不妊症にタンポポ茶。

いつのまにか、当たり前のように広がっていますね。

かく言う僕も昔は、タンポポ茶を実際に不妊症の方に飲んでもらっていました。

しかし、不妊症の方の結果を検証していると以外な事実が・・・

なぜか、タンポポ茶を併用していた人の方が、治療成績があまり良くなかったのです。

ハッキリ言えば、タンポポ茶を飲んでいる人は、妊娠しなかった。

ちなみに、うちは体質にあわせた漢方薬がメインで、タンポポ茶などは、補助でメインになることはあり得ません。

でも補助という位置付けとしてもタンポポ茶はどうなんだろう?

なんか、治療としては頼りなさすぎる。

これは、あくまで僕の個人的意見です。

タンポポ茶の会社の社長は漢方をやっているらしいのですが、聞いた話(人づてで聞いただけでなんとも言えませんが)から、中医学をやっている人によくある、病名、症状で選ぶマニュアル漢方をやってる人という印象があって、ますます不信感が募りました。

変な話、タンポポ茶が不妊の手助けになってなくても、邪魔になってなければ、商売的には「不妊にいいよ〜」って言っとけば、僕は儲かるわけです。

ところが、僕がやってる漢方は、体質とのバランスを常にとっていくことが重要だと考えてやってきていますので、「なんでも、いいもの足せばよくなる」とはいきません。

そもそも、そんな都合のよい世界はないですから。

体質と合っていなければ、例え、良いといわれている物でも、治療の邪魔になるのですね。

それで僕も、始めはいいのではないかと思いましたが、やめました。

前置きが長くなりましたが、タンポポ茶はそもそも漢方薬ではありません。

誤解されている方がたくさんいらっしゃるので説明しますと、漢方薬は何種類かの生薬とよばれるものから構成されています。

例えば葛根湯なら、桂枝(シナモン)という生薬や芍薬、大棗、甘草、生姜、麻黄、葛根という7種類からできています。

これら、7種類の生薬が、それぞれ違う分量比で合わさって1つの漢方薬になります。

漢方薬は、桂枝は○○の効果で芍薬は○○の効果でと、単純に足して考えるわけではなく「単体の生薬での効果」、「何か他の生薬と組み合わさった効果」、「全身におよぼす効果」といろいろな方向性の効果が合わさって、体質のバランスの崩れを整えてくれます。

とても複雑な医学理論で構成されています。

漢方薬には、2千年間の積み重ねのなかで、いろいろな理屈やストーリーがあるんですね。

サプリにはこういった詳細な設定がありません。

ただ、成分を調べてみたら「ホルモンに関係する視床下部によい効果があった」など、その会社が独自で調べた、眉唾臭い効果があるだけです。

その調べたデータも大体は、お金で買ってるようなものです。

どんな体質の人にどんな風に効果があるなどはわかりません。

それを検証するほどの歴史がありませんから。

この歴史で実証された医学的な詳細な設定が「あるか、ないか」、がサプリと漢方の違いです。

なので、漢方をよくわかってない先生の中にも生薬を使えば漢方だと思っている方がいらっしゃいますが、生薬や漢方薬を使ったら、漢方ではなく、「漢方薬を使うための詳細な医学理論とセットになってはじめて漢方で治療している。」ことになるのです。

だから会社が勝手に調べた成分しかわかっていない、タンポポ茶は「漢方風」のサプリメントだと僕は思います。

ちなみにタンポポは漢方では乳腺炎とか炎症を鎮める目的で使います。

●不妊症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

漢方ですぐに妊娠する人、しない人に共通する○○なこと

今回の話は、医学的根拠や漢方の理論的根拠など全然、関係のない経験上の話なので、そのつもりでお読みください。

漢方の修業時代の頃から、不妊症の相談をしてきたので、現在はかなりの数の不妊症の方をみてきたことになります。

漢方は体質別に治療するので、誰にでも共通する不妊症によい漢方薬や不妊症克服によいことといったものはないのですが、妊娠しやすい人と、なかなか妊娠しにくい人のなんとなくの共通点があることに気づきました。

40代の人であっても、うちで1ヶ月で自然妊娠する人もいるので、それで共通点が見えてきたのかもしれません。

不妊症は病気ではないので、薬を飲んだから、妊娠するわけじゃありません。

これは病院のホルモン剤だろうと漢方薬だろうと一緒です。

妊娠しやすい人は、この説明でホルモン剤や漢方薬の位置づけなどを理解してくれます。

妊娠しづらい人に共通するのは、あくまで感覚的ですが、どこかで薬や病院に対して、「最後は病院でなんとかなるんじゃないか」と思っているような感じがあります。

残念ながら、不妊治療の病院の全国平均の妊娠確率はたったの30%なので、最後になんとかなるようなところではありませんね。

一方、漢方薬も妊娠させるわけではなく、漢方薬は健康な体質に調整し、自然妊娠しやすいように調節してくれるものなのです。

「健康になれば誰でも妊娠する」

この状態をつくりだすわけですね。

ですが、当然、これも漢方薬さえ飲んでたら、自動で健康になるわけではないですね。

肝臓機能の悪い方が毎日、漢方薬を飲んで、毎日、ガンガンお酒を飲んでたら、よくて現状維持、普通はアルコールの悪影響の方が勝って、じょじょに悪くなっていきます。

物でも身体でも壊すことは簡単ですが、作り治すことは難しいのですね。

ということで、当店では、より健康になるように体質にあわせた食事や運動、精神的在り方など総合的にアドバイスしています。

妊娠するための食事、妊娠するための運動。

妊娠しやすい人は、その日から取り組まれている方が多いです。

なんで熱心に取り組まれているのかがわかるかというと、「先生に言われてやってみたけど、運動や食事改善をしてみると、こんな問題があった」など、次の時にいろいろ、僕に質問されるからです。

妊娠しにくい人は、アドバイスしても、いろいろとできなかった理由を話してくれます。「今は忙しくて・・・」
でも、そんな人も「妊娠しそうなサプリ」などのガセ情報は気になる方が多いようです。

どこかしら依存心や依頼心があるのですね。

後、これは日本では未だに不妊症は女性に問題があると思っていて、男性自身が治療に興味のない方が多いです。(最近、変わってきましたが)

妊娠しやすい人は、ご主人も不妊治療に積極的です。

「漢方薬を飲んだほうがいいのか?」

「自分は何をすればいいのか?」

グイグイ質問があります。

妊娠しずらいご夫婦のご主人は、当店には来ません。

不妊治療が長引いてくると、奥さんは、体調も基礎体温もよくなってくるので、さすがに「これは自分が原因か?」と感じて来られますが。

なぜか、はじめから不妊治療に積極的な男性の方が、体質をみてみると、それほど悪くなく、旦那さんが不妊治療に興味を持っていない男性の方の体質をみたとき、その体質が結構、悪いことが多いです。

まとめると、

不妊症は、より健康で元気な身体をつくれば、自然に妊娠します。

人間も自然界に生きる動物の一員ですから。

妊娠しやすい人は、ご夫婦で漢方薬だけでなく、ありとあらゆる生活自体を即座に妊娠しやすい環境に変えて、治療に取り組まれます。

なんだったら、うちから帰った、その日からといった、いきおいです。

妊娠しにくい人は、漢方薬を飲む、病院の治療を受けるといった他力本願的な事以外は、生活をなかなか変えようとしません。

薬まかせな感じです。

また、旦那さんは非協力的です。

以上、医学的根拠のない、僕の思い込みでもない。

あくまでたくさんの不妊症の方々から見える客観的な共通項でした。

●不妊症、男性不妊など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村