不妊治療の現実を知るために不妊病院の歴史を知る

気づいたら、かれこれ不妊治療は修行時代から含めると10年を超えています。
修行時代に師匠から、漢方薬や東洋医学の知識を使っての不妊治療教えていただき(病院は単純に当帰芍薬散か温経湯を出しとけばいいと考えているみたいですが・・・)、思えば、修行を終えて自分の最初の患者さんは自分たちでした。

漢方、東洋医学の知識をもって自分達を治療(実験台?)にして、子供を授かり、その時のノウハウも合わせて、今は実体験をもった漢方医として不妊症相談をさせてもらっています。

不妊治療の漢方相談を始めた当初は、体外受精なんてめずらしく、大体の人はホルモン治療、人工授精がダラダラと長く続いている感じでした。
「人工授精が5回目なんです」みたいな話をよくしていました。

僕ら自身が不妊治療の病院に行った頃(2度目で喧嘩してリタイア)は、検査ばやりな感じで、クラミジアがあるか?子宮内膜症があるか?卵巣が腫れているか?みたいなところにスポットが当たっていて、検査するのが好きな不妊治療の病院が多かったです。

それから、お店をやり始めた8年前頃は、とにかくセキソビット、クロミッドで排卵させれば、なんとかなるとでも思っているような治療。
これは今もそんな病院が多いかもしれませんが、その人が排卵しているかどうかなんて確認もしません。
とにかく、セキソビットとクロミッドは居酒屋のお通しのように出していました。

お店をやり始めて1年位経った頃は、大阪の某有名不妊病院が「血糖値が高いと妊娠しない」と言い出して、グリコランなどの糖尿病の人が飲む薬をやたら処方するようになっていました。

この頃から、うちに「体外受精を3度ほどしたけど、全然、かすりもしなかった」的な人が増えてきた感じです。

その後は、漢方もどき薬局と言えばいいのでしょうか、漢方相談と掲げていて、相談したら、松寿仙とかサメミロン、バランスターZなどのサプリや漢方薬もどきのサプリを売ってるだけで実は漢方相談なんか1mmもしてないみたいな薬局がタンポポ茶が不妊症にいいと使い始めました。

実はうちもその時は、あくまで補助としてですが、タンポポ茶を使いました。
ただ、うちでは何ヶ月か不妊症の方の臨床をみていて、皮肉なことにタンポポ茶を補助として処方した人よりも、漢方薬のみの人の方が妊娠率が高く、タンポポ茶はイマイチよくわからなかったので、うちはスッパリやめました。
漢方薬を選ぶ際の診断や漢方薬の効果というのは、2千年前からある、あらゆる書物。言わば純粋に治療だけを目的とした情報が根拠となりますが、やはり、お金を稼ぐことが目的のサプリ会社の私的データや説明は、なんのアテにもならないと今は扱ったことを反省しています。

一方、病院は、その後に体外受精では、やたらHMG、HCG、マーベロンなどを使うようになっていました。

この頃から、どうも病院には治療に流行りすたりがあるようだと気づきました。
それも、どうも白い巨塔のようになっていて、大阪の某有名不妊治療病院が何か新しい治療をやりだすと、それにつられて、下っ端なのかどうか知りませんが、下っ端っぽい病院が真似してやりだすといった感じ。

その後は、AMHという検査が流行り、卵巣の老化がどうとかこうとかで病院では「卵巣年齢が高いから妊娠しにくいよ」と連発していました。
その後、この検査の結果が「若くてAMHが低い人が妊娠したり」、「逆に年齢が高くてAMHが高いけど妊娠しなかったり」とグダグダな状態のデータが出てきたりして、今はよく知りませんが、このグダグダは、はっきりと決着はついていないと思います。
当時は「医者にAMHが悪いので妊娠できないと言われました」という方が多かったですが、うちでは「AMHなんて割とどうでもよい」と答えてました。

その後はどっちが先だったか、忘れましたがDHEAというアムウェイなんかにありがちな医療の素人が勧めてそうなホルモン系のサプリメントを医者が勧めていて、医者の頭は大丈夫か!?と思いました。

ただ、このサプリ、良い効果は知りませんが、女性で腕毛やヒゲが生えたりと結構な効果はあった感じです。

その後は、甲状腺障害があると妊娠しにくいという「妊娠したら代謝系ホルモンが減少する」という結果を逆説的にこじつけたような治療を始めました。
これは裏で結託した別の病院でチラージンという甲状腺系の薬を処方するというツワモノの不妊病院も出てきました。
まるで非合法系のドラッグをさばいているように見えましたね。

これもブームのように過ぎ去って、今はどの病院もやっているという感じではなくなりました。

その後は、ホルモン剤や鎮痛剤やビタミン剤をいろいろと組み合わせて7,8種類も飲ませる不妊病院なんかも出てきて、僕なんかは「とうとう医者もヤケクソになったのかな?」と思ったものです。

その後からは、不妊症自体が社会現象的になり、妊活なんて言葉も出てきて、不妊治療の病院がタケノコのように増えていって治療経験もノウハウもなさそうな薬局や鍼灸院も不妊治療に参戦し、カオス状態になりました。

ちょっと前は、1周回って周回遅れで「ホルモン剤を使わない自然治療」みたいなのをウリにするようになってきて、最近は、今までのやり方が、ごちゃまぜになっている状態で、ホルモン剤をガン!ガン!使うところ、自然をウリにするところなど、個々でされているようです。
流行りすたりの治療は最近はあまり聞かなくなりました。

ただ、医者に共通するのは、西洋医学の治療は日進月歩進化(流行り廃り?)しているのに、漢方薬だけは、相変わらず、10年経っても体質も分析しないで当帰芍薬散か温経湯か、ちょっと、どこかのセミナーで聞きかじった医者だと桂枝茯苓丸か加味逍遙散程度で、それもただ、マニュアルで処方するだけ。言い方を変えれば販売しているだけみたいな。

このように漢方薬を専門的な医療としては、この10年間、全く勉強する気のないところは変わっていないので、漢方に対してはある意味、すごいなと感心します。

ちなみに病院の不妊治療の流行り廃りは、患者さんから聞いた話や僕の感覚的なものなので、あしからず!

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

睡眠不足と不妊症は関係があるのか?

睡眠はどの程度まで減らせるか?
こんな記事がありました。

睡眠に関しては、長く寝たほうがいいとか、短い時間でも全然OK!とか、いろいろな説があります。

僕は職業柄、医療系の記事、特に海外系の医療記事は、よく読むようにしているのですが、コーヒーとジョギングと睡眠は、毎年というか、何度も何度も「多いほうが体にいい」とか「少ない方が体にいい」という具合に、交互に良い!悪い!と繰り返されています。

現時点で「睡眠は長い方がいいに決まっている!」もしくは「睡眠は短くてもOK!」と思っている人は、どちらも試して、自分の体に聞いたほうがいいです。

この睡眠に関する記事はそれを踏まえて「睡眠は個人差がある」と断った上で、最低と最高の睡眠時間が記されています。
それは6時間〜9時間。

僕も昔から、どっちがいいのかをずっと研究してきました。
実際に最低3時間だけで、何日かすごしてみたり、9時間寝て、すごすようにしてみたり・・・
いろいろな時間を試した結果、最低6時間半という感じになりました。
疲れていて長く寝る場合は8時間半。

友達に3,4時間しか寝ないで活動する人が何人かいます。
体格も良く態度も精力的な感じの人が多いのですが、漢方的な目で見ると体の中身は、正直、良い状態とは言えない感じ。

僕が自分で試した時も短い睡眠も徐々に慣らしていけば、それは、それですごせる感じはしましたが、次の日も活動できるかどうかよりも、寿命を縮めていたり、ガンになる確率を高めているような感じがしたので、やめました。
なんか短い睡眠に慣れること自体が危険なような気がしました。

睡眠は浅い眠りと深い眠りを90分のサイクルで繰り返していると言われていますが、僕の場合は、なぜか最低6時間半、最高8時間半が良い感じ。
なぜか90分サイクルにならないのですが、一瞬で寝ているつもりで結局、正味の睡眠時間は6時間なのかもしれません。

まず、睡眠に関する嘘、本当を知ってもらいましたが、睡眠不足と不妊症は関係あるかというと言うまでもなく関係があります。

人間にはサーカディアンリズムという体内時計があります。
これは、各種ホルモンが活発になる時間があらかじめ自動で決められていたり、自律神経がどの時間で切り替わるかが決められている遺伝子に刻まれた時計です。

こんな医学的なことを知らなくても、そもそも人間は大昔から、時間にしたがって生きてきています。

不妊症で鍵になるのは月経リズムです。
平均は28日周期。個人差で28日周期がいつも26日周期なら問題はないですが、前々月は28日周期だったり、今月は30日周期だったり、今月は26日周期だったりというのはダメです。
これはホルモンバランスが崩れています。

妊娠の成功の鍵は「要らなくなった経血を排出する(低温期)→排卵する(排卵期)→受胎して→受精卵を育てる(高温期)」という月経リズムがリズム(時間通りに)よくつながることです。

月経リズムと同じように起きる時間や食べる時間、寝る時間。
みんな時間が決まっているわけです。

月経周期が乱れている人を不妊治療の病院では、クロミッドを使ったり、HCGやルトラールを使っって無理やり、短い高温期を長くしようとしたりしますが、そもそも、月経周期、月経から次の月経への時間は、体内のリズムにしたがって動きます。

月経周期を正常にするためには、人工化合物であるホルモン剤を飲む前にできることがあります。

それは普段の毎日の生活を規則正しくすることです。

起きる時間、食べる時間、寝る時間。これらと月経から次の月経への時間(月経周期)は別物だと思いますか?

1日24時間の中で起きる時間も寝る時間も食べる時間も毎日バラバラ。でも月経周期は672時間後(28日×24時間)にちゃんと来る?
そんな都合がいいわけありません。
毎日の生活時間が乱れれば、672時間後のリズムがちゃんと刻めるわけがないのは、医学的な知識がなくても容易に察しがつくと思います。

なので、不妊治療の第一歩は人工化合物のホルモン剤を飲むことではなく、睡眠時間、食事時間を一定のリズムにすること。
そうすれば、24時間を28回かけた28日後の月経リズムもちゃんと来るようになります。(リズム以外のことが問題になることもありますが)

ちなみに現在、文化の多様化で昼夜の生活が逆転していたりする方もいらっしゃいますが、体内時計は24時間で辻褄を合わせればいいものではなく、この体内時計は太陽の浮き沈みと関わっていますので、当然、昼に活動して夜に寝るというように遺伝子に設定されていますので、昼夜が逆転している人は、不妊症やガンなどにもつながる可能性が高くなるので注意が必要です。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村