漢方薬にホルモン活性とダイエット効果はない

女性の永遠のテーマ。ダイエット!

病院の不妊治療でよく使われる漢方薬やダイエットで使われる漢方薬。
どちらも大いに間違いと誤解があります。

一部の人や医者すらも誤解していることがありますが、漢方薬に直接的に赤ちゃんを授かりやすくする効果はありません。
かといって、直接的にホルモンを活性化するものでもありません。

たまに当帰芍薬散が「黄体ホルモンを活性化する」などという全くのデタラメな説明をしている先生がいますが、漢方はあくまで、証とよばれる東洋医学独自の体質に対して合わせるものであって「○○の効果があるから飲む」というものではないです。

では、漢方薬の効果というものはどんなものなのか?
この辺りは、漢方薬を処方している先生でも、ほとんど理解していないので、一般の方に説明するのはもっと難しいのですが、西洋医学は黄体ホルモンを活性させるためにルトラールなどの黄体ホルモンを活性化させるであろう薬を処方しますが、漢方薬は、体質のアンバランスな部分を見つけて、それが健康になるように調整できる漢方薬を合わせるだけで、直接的にホルモン活性があるわけではないので、体質もみないで当帰芍薬散を飲んだって黄体ホルモンが活性化しません。

漢方の治療原則は、体全体のアンバランスを元の状態に戻せば → ちゃんとした体の働きになり → ちゃんとした働きに戻れば、黄体などを無理に活性化させなくても、ちゃんと妊娠できるバランスのとれた黄体の状態になる。と考えますので、体質のアンバランスを調整した結果、黄体なども整う。といったことになります。

全身のバランスを整えれば、誰でも結果的に勝手に高温期も整うよ。という考えなのです。

同様にダイエットも同じです。
巷で防風通聖散とか防已黄耆湯などをダイエットの漢方薬。といって宣伝していますが、漢方でダイエットの薬なんて存在しません。

さっきの当帰芍薬散が黄体ホルモンを活性化するなんて理屈は「漢方」には存在しないのと同じで、某メーカーさん達が売りたくてデタラメな効果を謳っているだけです。

確かに防風通聖散や防已黄耆湯は、太っている方が適応になる漢方薬ですが、さっきの当帰芍薬散と一緒で見方が逆になっているのです。

「太っている人を痩せさせる効果」があるのではなく「太っている人合った漢方薬。太っている人の体を調整する漢方薬」です。

ですから、目的はさっきと同じで、これらの漢方薬も痩せさせることが目的ではありません。
全身を調整して病気を治すことが目的です。

西洋医学の薬は、いろいろな効果の違う薬が様々ありますが、
当帰芍薬散や防風通聖散のような漢方薬は、効果の違いで、いろいろな漢方薬があるのではなく、漢方薬の目的は全部、「その人の体のアンバランスを調整する」ことで、その共通の1つのゴールに行くために、皆さんの体質自体が様々違うので、その体質ごとに合わせたいろいろな種類の漢方薬があるのです。

漢方薬でダイエットをしたい人には耳の痛い話だと思いますが、漢方の専門家として言わせてもらうと、漢方薬を飲んだだけでダイエットなんてできません。

では、なぜ、防風通聖散などが、ダイエットに良い。みたいな嘘がまかり通っているのかというと、大黄という便を出させる生薬が含まれているからだと思います。

スッキリ便が出たら痩せる!みたいな幼稚な発想からだと思いますが、便が出ただけで痩せられるのなら西洋医学の下剤でいいんじゃないの?と思います。

多分、そういうと漢方薬の方が自然のもので体にやさしそうだから・・・
なんて声が聞こえてきそうですが、結局、漢方薬は痩せさせる効果があるわけではなく、防風通聖散にいたっては、大黄の下剤の効果位なので「便が出て、その時だけ痩せたらいい!」と思うなら、病院の薬の下剤をガンガン飲んだほうが効率的です。

ただし、便秘を治せばいいのであれば、漢方で便秘を治す場合は、根本的な治療を目指すので、下剤的なものを飲んでハイ終わり!ではなく、便秘の体質を治すのも、人それぞれの体質によって治し方が変わりますので、結局、便秘を解消してダイエットにするにしても、体質をちゃんと分析して、漢方薬を使ったほうがいいということになります。

でも、漢方薬が全くダイエットに役立たないか?というとそうではありません。

無用に太るというのは、生活の問題もありますが、体調のアンバラスも関係しているわけです。
血の巡りが悪く代謝が悪かったり、水の巡りが悪く、むくみやすかったり、脾の臓(消化器全般を示すもの)が弱っていて、食べたものが効率良くエネルギーとして使われずに脂肪になっていたり・・・

肥満で生まれてくる子はいないので、本当にバランスのとれた健康な状態に戻れば、太らないわけです。
また、薬などに頼らずとも太らない体になるわけです。

漢方薬はどんな病気やどんな状態だろうと目指すゴールは皆同じで、全身のバランスが整った健康な状態。なので、漢方薬で全身を整えることによて、痩せやすいというか適正な体重を維持する体質になることはできます。

ただし、ここで誤解してはいけないのは、漢方薬で体内ベースは「適正な体重になれる体質」になるかもしれませんが、今までつけてきた余分な脂肪が、そう都合良く取れるわけではありません。

がんばったら、やせる効果がでる体質になっただけ。
いわばレースのスタートラインに立つ資格を得ただけで、優勝したわけではないのです。
今までレースにすら出れないような体力だったのが、参加できるようになっただけ。
今までの脂肪は、なんとかしなくちゃいけません。

この解決法は簡単です。
適正な体重は適正な食事と適正な運動から成り立ちます。当たり前ですね。
やることは、
余分に食べない。自分が思っているよりも運動する。
たったこの2つ。
はっきりいって食べながら痩せるなんてものは存在しません。

でも、食べてないけど、痩せない。そんな人は、食べる量の基準が自分基準じゃないか?
食べているものの種類がおかしくないか?を考え直す必要があります。
自分基準ではなく、自分の状態や体質と考え合わせて、おかしくないかを考えないといけません。

具体的には、いろいろな方法がありますが、ここでは誰でも簡単に日々、取り組む一部の方法があります。
食事に関しては「絶対に間食しない!」
運動に関しては「生活の中の動きのすべてのスピードを1.5倍にする!」

歩くスピードは誰よりも早く歩き、ほんのちょっとしたことも座ったままでしないで、とにかく立ち上がって、わざわざ動く。それも以前の1.5倍のスピードで。
日々、心がければ、これだけでも変わってきますよ。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村