その場の足元しか見ない不妊治療

「原因がよくわからないけど、月経が長引いて、なかなか来ない。今回の月経は来るのだろうか?」
「排卵検査をしてもらった時に、まだ排卵していないが、これから排卵するのだろうか?」

不妊症の検査に行った時に、月経周期がおかしくなっていたり、排卵しているはずが、していなかったりすると、この先、どうなるのだろうか。不安に思います。

不安なので、当然、医者に聞きます。
「月経はどれくらいで来そうですか?」
「今回はどれくらいで排卵しそうですか?」

病院では、いろいろ検査するわけですから、当然、今後の状態も知りたいところですよね。
でも、返ってくる答えは「わかりません」
検査で見ると「今は内膜が何mmで・・・」「今は卵包の大きさは何mmで・・・」

「いやいや、私は医学の素人なので、今がどうとか、検査データがどうとか言われてもわかりません。単純にこの先、どうなるのかを知りたいのです」

患者さんは、このセリフを医者に言いたいのですが、直接、言い合えるような雰囲気はゼロですので、うちで「これって、どう思います?」と怒っておられます。

でも、こう言われると、医者ってこう答えるのです。

「そんなのわかりません!」心の中では「良くなる保証なんて、誰も、できるわけないじゃないか!」

こういったやり取り、僕も思い出すことがあります。

うちの息子が3歳のときに、ものもらいができました。
結構、ボッコリと腫れたので、昔風に針でブチュッとつぶしてもらって、薬、塗っときゃ治るだろうと病院に連れて行きました。

そうしたら、「今はそんな治療はやってない」とのこと。よくわからないですが、ちょっと逆ギレ気味に言われました。

で、今のネット時代だったら素人でも考えつくわ!っていう感じの処方でタリビット軟膏を処方されました。
それで、言われた通りに塗って、1本使い切りました。
でも、状況は何も変わらず。
同じヤブに行っても不安なので、違う眼科へ行きました。

しかし、ここでも同じタリビット軟膏の提案。もちろん、1本使って、1mmも変わってないと伝えましたが・・・
「他に治療方法はないのか?」というと今度は大袈裟に「全身麻酔して手術という方法は可能だけど傷跡が残るよ」と。
もう、最近は医者のこのマニュアル感にも悪い意味で慣れてきました。
同じ薬を漠然とゴリ押しか、手術するの?と大袈裟に騒ぐか。

ただ、薬はすでに3歳に子に対して1本、使いきってるので、今度は、見通しと見解を聞きました。

そうしたら「2,3本位で治る」とのこと。
理由を聞くと特にない。その理由も根拠もない!?

話が長くなりましたが、これですよ。
医者の話で不安になるのは。

さっきの月経が遅れてしまった人や排卵がなさそうな人が医者に聞いているのは、今後の見通しとその見通しの「根拠」です。

現在の状態を「今はこうです」って検査データで説明されたって、そんなのは素人の人には、わからないのです。

それよりも患者さんが聞きたいのは、「今後の見通しと根拠」
今、現在の検査上のデータなんて、ただの機械などがはじき出した数字などであって、それが今後の患者さんの不安を和らげるものではありません。

患者さんは検査して、もらいに行ってるのではなく高度な専門知識と豊富な経験を持った専門家の見識、見解を聞いて、今後の治療をどうしていくのか?を検討したいのです。

なのに、説明するのは今の検査上のことだけ。
今のことはあなたに言われなくてもわかるのです。

だけど、見通しは言わないけど、ホルモン剤はきっちり処方します。
見通しと根拠、原因がわかっていないのに何の根拠で処方したの?
いくら医学が素人の患者さんでも不安になりますよね。

西洋医学は、個人差、体質差という概念自体がない医学なので、確かに基本から外れた個人差のある状況には弱いと思います。
ガイドライン、平均が命ですから。

でも、病院に来るのは普段の状態から外れて体調がおかしくなるからなのです。
そして、年齢も生活環境もバラバラなので、生まれつきの体質差だけでなく、その時、その時の個人差があるのです。

それらの現時点の「データ」も加味して、対応していくのが医療だと僕は思うのですが、現状だけをただ朗読されてもね・・・。

それこそ、伝統的な漢方治療の方法は今後の見通しと結果の確認、再検証の繰り返し。
もちろん、見通しは治療方針なので、現実は外れることもあります。
その時は現状を確認して検証→再検討です。

漢方では最初から体質差は無数にあるという前提で治療しますので、人それぞれ、治療方針、見通しが変わります。

僕はかれこれ不妊治療を10年以上やっていますが、「不妊症の人には当帰芍薬散」みたいな幼稚なマニュアル思考ではなく、毎回、頭をまっさらな状態にして、「この人の体質はどんなだろう?」と見るようにしています。

決して、経験が長くなったからといって「不妊症」ではなく「その人」をみます。
患者さんは、良くなるように保証しろ!と言ってるのではありません。
専門家の今後の見通しと根拠を説明しないから、みんな怒ってるみたいなのです。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

まごころ漢方東京相談会のお知らせです。

まごころ漢方では、定期的に関東方面の方向けに東京で漢方相談会を行っています。

漢方薬の事だけでなく現在の病院の治療のことや処方されている薬などの疑問。
飲まれているサプリメントのことなど、
身体や薬のことで気になることは、なんでもご相談ください。
どんなことの相談であっても相談は無料です。
事前の完全予約制です。

僕自身、元々、話好きなので、お気軽にお申し込みいただけたらと思います。

とりあえず、2段階で予約の受付をさせてもらっています。
1週間、新規の方の募集をさせていただいて、
その後は、既存の方の案内をさせていただきます。

今日の案内は、初めての相談の方を限定で6名受付いたします。
6名になった時点で締め切りとさせていただきます。
(来週に既存の方の案内が始まりますと毎回、10日ほどで一杯になることが多いので、
お早めにご予約いただけると幸いです)

相談場所は浜松町です。

(日時)
・07/09(土) 
10:30〜19:00(12:00〜13:00除く)
※19:00〜20:00が最終枠です。

・07/10(日) 
10:00〜19:00(12:00〜13:00除く)
※19:00〜20:00が最終枠です。

・07/11(月) 
15:00〜17:00
※16:00〜17:00が最終枠です。

・相談時間は50分です。

漢方相談会の予約は、こちらからご連絡ください。

(予約)
http://www.magocoro-kanpou.com/contact/index.html

ネットでのご相談はコチラから。
(ネット漢方相談)
http://www.magocoro-kanpou.com/counsel/index.html

ぜひ、ご参加をお待ちしております。
※予約は一杯になり次第締め切ります。連絡を頂いた際には、
すでに予約がとれない状況もありますがご了承ください。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

ルトラールは妊娠しやすい薬?

今まで、病院での不妊治療の経験がなかった方から、よく、「ルトラールって本当に妊娠しやすい薬ですか?」という質問があります。

僕は「妊娠しやすい効果」という最近の医者やネット上の説明は、あまりにテキトーすぎるだろ!と感じています。

先日も、病院の方から「妊娠しやすくなるから飲んではどうか?」と勧められた方がいらっしゃったのですが、ホルモン値などの検査はしていないのです。(ホルモン剤を処方するのに西洋医学的にホルモンがどうなっているかわかっていない状態ですね)

検査もしてないのに「なぜ、ルトラール(人工合成黄体ホルモン)で妊娠しやすくなる」と説明できたのか、ものすごく謎ですが、それは患者さんの方も普通に不思議に思われたようで、僕に質問があったわけです。

うちは、漢方専門ですが、漢方は現在の体質をそのまま見ます。
もし病院の薬を飲んでいたら、体内では病院の薬の影響を受けますので、薬を飲んでの体質はどうなのか?を見ていく必要があります。

そういった理由から、うちでは病院の薬の薬理のことも、いつも気にしています。
こういう分析が、うちでは、当たり前になっているので、皆さん、病院で薬を処方された場合は、とりあえず、うちに問い合わせしてくれるわけです。

漢方は「頭痛に良い漢方薬」とか「アトピーに効く漢方薬」とか、そんな医学知識の乏しい怪しいサプリ売りのようなものでありません。

漢方は、陰陽の法則に基づいて、本当にごく簡単に説明すれば、
「体が冷えていれば → 温める漢方薬」
「体に熱がこもっていれば → 冷やす漢方薬」
というものを合わせていきます。
(実際は、冷えているか?熱いか?みたいな2択の簡単なケースはなく、上半身は熱がこもっているけど、下半身は冷えているなど複雑です)

本来の漢方は病院の漢方のように病名や症状だけ合わせてマニュアルで処方しませんので、頭痛の人の中には「体が冷えて頭痛を起こしている人」や反対の「体に熱がこもって頭痛を起こしている人」を見極めていくわけです。

こういった発想から、ただ単に「頭痛に良い」などのどんな病気のどんな体質の人にでも「良い効果」のものは、この世の中には存在しないと考えます。

そういた観点から病院の薬も見ますので、薬が良い効果か、どうかではなく、その薬の「実際の薬理は何で」、「その薬理はその体質の人にとって、どんな影響をおよぼしているのか」をみていくわけです。

いつも、そんな考えを踏まえて病院の薬も見ていますので、皆さん、病院で薬を処方された場合、医者の「○○に良い」というファンタジーのような説明を鵜呑みにせずに連絡をくれるわけですね。

そんなわけで、ルトラールの医者のテキトーすぎるだろ!と思うのは、まず、妊娠しやすい薬なんて存在しません。

そもそも、妊娠はどうやって成立するかというと、僕の考えでは、月経周期まるまるのリズムや子宮の状態やその方の体調が整って、成立するわけです。それが自然の摂理だと思っています。

不妊症は「病気ではない」ので、原因が存在しません。
原因が存在しないというか、人それぞれ、あまりに不妊に影響する細かな原因、要因が多すぎて、特定できないといったほうが正しいでしょうか。

それをあたかも特定できたかのような嘘が、さっきの「ルトラールが妊娠しやすくしてくれる」という医者のテキトーな説明ですね。

ルトラールはさっきのテキトーな効果ではなく、薬理、役割から見ると、ただ単に人工合成の黄体ホルモンを体にいれるだけ。
ただそれだけ。

それでは、ちょっと考えてみましょう。
黄体ホルモンさえ、体に余分に入れば妊娠しやすいでしょうか?
それで妊娠するって、どんなメカニズムでしょうか。
そもそも、なぜ、ホルモン数値を見る前に処方するんでしょうか。

時々、僕がやってる漢方よりも不妊治療の医者の方が理論的思考でなく、ファンタジー思考なのかなと感じることがあります。
子供はコウノトリが運んでくる〜〜〜みたいな。

妊娠に関わるホルモンなんて、いーーーっぱいあるわけです。
しかも、そのホルモンは「多かったら良い」ものではありません。それぞれ、他のホルモンと連携してバランスをとっています。

ホルモンは簡単に見れば、命令書です。
「子宮内膜を厚くしなさい」とか「排卵しなさい」とか。
でも、内膜は血でできているわけで、子宮内膜を厚くしようと思ったら、子宮に血を巡らさないといけません。
ホルモンの命令書だけでなく血という原資が必要だし、血が巡るかどうかも必要だし、体が冷えてない状態なのかどうかも必要です。

そもそも、ホルモンの命令だけでなんとかなるなら、1,2周期あれば、ホルモン剤を組み合わせて理想の基礎体温をつくれるはずです。

でも、現実はそんなことになりません。
なんだったら、月経始まってるのに高温層とか、ルトラールによくある状態になってきたりします。
そして、先程のホルモン以外の体全身の状態が関わっていることもありますが、そもそも、自前のホルモンとの兼ね合いもあるのです。

実際はどれくらいの量が必要なのか?
当然、とんでもない個人差があると思います。
個人差がないんだったら、ホルモン剤の治療だけで、1,2周期で理想の28日周期にできるはずですから。

そうならないのは、個人差。ホルモンだけでない体の状態。
いろいろなことが問題となっているからです。

漢方薬だけでなく、病院の薬でも、どんな体質の人にでも「絶対に良い効果しか及ぼさない」ものなんて存在しません。

だから、ルトラールが妊娠しやすいかどうかなんて、誰にも判断がつかないのです。
多分、処方した医者にすら。ホルモン作用は個人差で、どこにいくのかわからないのです。
飲んだ後にどんな体調変化になれば、ルトラールが体に合っていて、すぐに妊娠するのか。判断する材料もありません。
なんだったら、聞いてみてください。「ルトラール飲んでから何期目に妊娠しますか?」

個人差と陰陽のバランスから見ると、ホルモン剤の効果は「運」じゃないかと思います。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

不育症のデタラメ漢方処方(当帰芍薬散)

うちの患者さんから電話がありました。
「不育症の病院で当帰芍薬散を処方されたのですが、飲んでもいいのでしょうか?」
という質問。

うちには、この手の質問がよくあります。

うちの患者さんの中でツワモノの患者さんになると、病院の待合室からリアルタイムに「今、病院が○○の漢方薬を処方しようとしているのですが、必要ですか?」みたいな電話もあったりします。
さすがにそこは、証(体質)も見ないで漢方薬をテキトーに処方しているとはいえ、あっちもプライドがあるので、こっちが焦ったりしますが。

でも、医者と話ししている時に電話を代わってもらえたら「なんで、その方に、その漢方薬?東洋医学的根拠は?」「どんな証(体質)だと見ました?」「ひょっとして、ただのマニュアル?」と問いただしますが、今のところ、なかなか、そんなおもしろい場面には巡り合えません。
将来的には、そんな電話も増えると、ブログのネタに事欠かないのではないかと期待したいところです。

うちの患者さんは「漢方薬は東洋医学で証(体質)を見て選ぶもの」
ということが染みついていて、うちの初回の問診でも全身の150項目以上だったかな?それ位の質問に答えているので、ほぼ何も問診しない先生から処方されたら、焦ると思います。(うちの問診は書くだけで20分かかります)

なんか、最初のテーマが飛んでしまいそうですが、よくある病院のパターンで「何の問診もなく」当帰芍薬散を処方されたようなのです。

その根拠は?
医学なので当然、根拠は必要ですよね。
ちなみに病院の薬だったら製薬会社が大枚はたいて研究したデータがエビデンスとよばれて、それが薬の効果の根拠になるわけです。

で、根拠はというと「とりあえず、血の巡りを整える漢方薬を出しときます」
要するに自分的には根拠なくマニュアルなのか、勝手にそう思い込んでいるのか、血の巡りを整えると言われているもの飲んでおけばいいんじゃない?的な感じでしょうか。

ちなみに不育症の西洋医学的な治療は、今のところ一択位しかなく、血栓をできなくするという治療でバイアスピリンとかバファリンを使うだけです。
僕自身は不妊症もそうですが、不育症も、そもそも両方ともに病気でなく、しかも一人の人間だけで起こる事ではないので、もはや、明確な原因を事実上、突き止めることが不可能だと思うのですが、それが、なぜ、流産の多い人は血栓と関係していると言い切れるのか?
そこが理論的、科学的に考えてもよくわかりません。

単純にご主人の影響かもしれないし、生活だってどんな生活送っているのかもわからないし・・・
不育症との因果関係なんて、本当に人それぞれだと思うのですが、誰でも同じ治療というのが意味不明に感じます。

で、漢方薬でもやらかしている感じですが、西洋医学では不育症は血栓ができにくくして血の巡りを整えるというガイドラインがあるわけです。

そして、当帰芍薬散ですが、確かにあんまり詳しくない漢方薬の本には、「血の巡りを整える」とか、「活血」するとか書いてあります。

ここからが漢方独特なんですが、漢方薬は血小版を減少させて血の巡りを良くするとか、血管を拡張して血の巡りを良くするとか、そんな直接的な効果はありません。
効果がないというか、そんな直接的な「効果」の考え方がないといったほうがいいでしょうか。

漢方ではざっくりと陰の駆瘀血、陽の駆瘀血というものがあります。
陰とは陰陽の影の部分で、白黒太極マークの黒の部分ですね。
陰は寒いとか弱いとかそんなイメージのものです。
陽はその反対、暖かいとか強いなどのイメージですね。

駆瘀血というのは、漢方では血の巡りの悪いことを瘀血とよびます。
駆瘀血というのは瘀血を取り除き、血の巡りを良くするということです。

詳しく見ていくと血の巡りといっても、もっと細かな設定がジャンジャン出てくるのですが、今回はこの2つをご理解いただけたらと思います。

当帰芍薬散に合う体質の人は陰の瘀血の人です。
当帰芍薬散の持っている調整作用は、温補、補血、利水、活血。
ごく簡単に説明すれば、温めて血を巡らせるのです。

これに対して陽の駆瘀血の漢方薬は、冷やして血を巡らせます。
ここで誤解されそうですが「冷やして血を巡らせる」と聞くと「私は足が冷えるから・・・」と思われるかもしれませんが、基本的に漢方では冷えているか?熱があるか?のどっちかという単純な見方はしません。

全体が冷えているという見方、足は冷えているけど、上半身は熱がこもっているという見方、お腹だけが冷えて後は普通という見方、いろいろな冷え方や熱のこもり方があるので、冷えているか?熱があるか?の単純な2つの見方では見ないのですね。

当帰芍薬散は、温めて血の巡りを良くしますが、この温補に血を増やす補血という調整の方向性もあり、この2つが合わさると体に熱をいれていくことになります。

だから、冷えて血の巡りが悪ければ、当帰芍薬散で血の巡りが良くなりますが、さっきの陽の瘀血だと、逆の治療になっちゃうので、余計に血の巡りは悪くなります。

そして、西洋医学と東洋医学を同一に考えることはできませんが、西洋医学が考えている不育症の原因である血栓ができやすいタイプは、漢方では、陽の瘀血であることが多いので、陽の瘀血として証(体質)を見た場合は、当帰芍薬散は逆効果になると思います。

そして、うちの患者さんは、ずっとうちで治療しているので、東洋医学的な証を把握していますが、僕は陽の瘀血と見て、治療してきています。
なので「当帰芍薬散を飲んでもいいでしょうか?」という答えは「絶対に飲まないでください。余計に悪くなります」ですね。

こういったケースは、逆治といって、漢方では危険な治療になるので、いくら「病名と症状だけのマニュアルでしか漢方薬を処方しない!」とはいえ、もうちょっと、漢方薬を漢方らしく扱ってほしいなと思います。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村