不妊治療のホルモン剤が毒になる時

漢方薬で治療していると「漢方薬だけでなく妊娠確率を上げるなら、病院での治療もしたほうがいいですか?」
という質問があります。

病院での治療とは、すなわち、ほぼホルモン剤を使っての治療ですね。
お話をお聞きしている感じ、病院での治療を最後の切り札のように考えてしまっているような・・・

お気持ちはわかります。
でも、うちではホルモン剤は、あまりオススメしていません。

なぜなら、このブログでも何度もお話していますが、ホルモン剤は不妊症の治療薬ではないからです。

患者さんの話されている印象からは、ホルモン剤が不妊症の治療薬に感じておられるような感じがあります。

しかし、ホルモン剤は人工ホルモンを放り込んで、その人のホルモンを強制的に変えようとするだけです。

「それが治療になるんじゃないの?」

治療になるかならないかは、運頼みです。
なぜなら、女性ホルモンというのは少ないから足せばいいというものではないからです。

疲れてるから栄養成分を入れたら元気になる!
そんな疲れたオッサンの発想でなんとかなるものではないのです。

妊娠に必要なのは、安定した月経リズムと基礎体温の波形です。
リズムこそが妊娠につながります。

不妊症は病気として治療するのではなく、安定した月経リズムを手にいれることが授かるために必要なことなのです。

「だからホルモン剤で排卵誘発したり黄体ホルモンを足すのでは」

実はそこが大きな問題です。

このブログでも、そのホルモンの物量を加える際にホルモンというのは微量でなおかつ人それぞれなので、足すといっても現状の個人差を無視した投与では治療になってないよ。というお話をしてきました。

よくある話ですが、「不妊治療の病院に通うまでは、月経周期や基礎体温の形はそれなりだったのに、不妊治療の病院に通い始めてからだんだん、月経周期が延びたり、基礎体温の2層性がおかしくなってきた」という話をお聞きします。

これって、偶然?
いえ、違います。ホルモン剤が毒というと言いすぎかもしれませんが、あなたの身体のバランスを崩しているのです。

なぜ、治療だと思われているホルモン剤で悪くなっていくのか。
それは身体の当たり前のメカニズムでそうなります。

1つの問題は先ほどもお話したホルモン量というのは個人差があるということです。
でも、投与するホルモン剤は同じもの。
ミリ数は違いますが、そもそも、その患者さんが、どれくらいホルモンが足りないのかが把握されていません。

僕から見たら「なんか悪いんだからホルモン足しとけ!」的にしか見えません。
西洋医学は化学なんだから、本来なら一人一人の厳密に足りていないホルモン量を検査して、その微妙な量のホルモン剤を一人一人、別々に処方するべきだと思うのですが、それは、薬の開発上できません。

西洋医学って、僕の印象では、薬を加える、増やすということは「良いこと」だという認識が単純にあるように思います。
医者に治らないと言って症状を次々に訴えていくと次々に薬を増やしているように。

「治す武器(薬)が多いのは強い!」
という、さっきの栄養ドリンクで元気になれると思い込んでいるオッサンと同じ発想、考えです。

でも、ホルモンはそれが通用しません。
ホルモン剤は足せば足すほど、身体が良くなっていくわけではありません。

そもそも、不妊克服はどんどんホルモン量を加えてホルモンを活性化させることではなく、低温期、排卵期、高温期に何種類もあるホルモン同士のバランスをとることが目的です。それが安定した月経周期とキレイな波形の基礎体温をもたらします。

人間の身体にはフィードバック機構というものがあって、上がりすぎたものは、下げて真ん中を保とうとする機構があります。
これは漢方理論ではなく、西洋医学の生理学です。
そして、この真ん中を保とうとはするのですが、強い作用だとそれだけ、強く下げて調整しようとするので、調整力が強すぎて真ん中を過ぎちゃって下がってしまいます。
ホルモン剤は当然、強い力です。

ホルモン剤を飲んだり注射した時に丁度、あなたのホルモンの不足分と合致すれば、バランスがとれるのですが、現実は、どれくらいホルモンが必要なのかも、どれくらいの量のホルモンにすればいいのかも、医者も誰も個人差は、わかっていません。

結果、ケースによっては、体内のホルモン量が多すぎて、今度は急激に下がっていきます。
HCGを打った次の日に逆に体温が下がっちゃたりと人工ホルモンを足すとホルモンの働きは不足したような働きをするわけです。

また全体感で見ていくと月経周期を形作る女性ホルモンは、すべて一連の流れで途切れずにつながっていますので、どこかのホルモンのバランスが崩れると次の月経にも影響し、例えばルトラールを飲んだがために高温層は3日延びたけど、月経がきているのに体温高いまま。などのバランスを崩した状態に徐々になっていきます。

それで、不妊治療の病院に通い初めてから、月経周期や基礎体温がおかしくなってきたという感じになってくるのですね。

絶対に毒ではないですが、ホルモン剤を飲めばなんとかなるとは思わないほうがいいです。
体内のホルモン分泌のバランス、特に個人差は、詳しくはわかっていないので、運次第で薬にも毒にもなるということを理解して病院で治療するかどうかをお考えになったほうが良いかなーと思います。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

東京漢方相談会のお知らせ

まごころ漢方では定期的に関東方面の方向けに東京で漢方相談会を行っています。

ご相談当日は漢方薬はお渡しできません。ご相談のみです。
漢方薬の事だけでなく現在、受けられている病院の治療のことや薬などの疑問。
飲まれているサプリメントのことなど、
身体や薬のことで気になることは、なんでもご相談ください。
相談は無料です。事前の完全予約制です。

僕自身、元々、話好きなので、お気軽にお申し込みいただけたらと思います。

次の東京漢方相談会の予約をしたいという方からのメールが直接、入ってくることが多いので、ご案内したいと思います。

とりあえず、2段階で予約の受付をさせてもらいます。

今回は、初めての相談の方を限定で6名受付いたします。
6名になった時点で締め切りとさせていただきます。

(日時)
・04/16(土) 
10:30〜19:00(12:00〜13:00除く)
※19:00〜20:00が最終枠です。

・04/17(日) 
10:00〜19:00(12:00〜13:00除く)
※19:00〜20:00が最終枠です。

・04/18(月) 
14:00〜20:00
※19:00〜20:00が最終枠です。

・相談時間は50分です。

漢方相談会の予約をこちらからご連絡ください。

(予約)
http://www.magocoro-kanpou.com/contact/index.html

ネットでのご相談はコチラから。
(ネット漢方相談)
http://www.magocoro-kanpou.com/counsel/index.html

お待ちしております。
※予約は一杯になり次第締め切ります。連絡を頂いた際には、
すでに予約がとれない状況もありますがご了承ください。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

流産防止に当帰芍薬散というオマヌケ処方

うちの患者さんから良くこんな電話がかかってきます。

「今、病院でこんな漢方薬を処方されたのですが、飲んでもいいのですか?」
漢方薬だけでなく、新薬でも良く聞かれます。

こんなことを書けば、
「漢方は専門家かもしれないけど新薬は専門じゃないだろ!」
って言われそうですが、これには、患者さんにもちゃんとした理由があります。

僕の方が知ってるとかそんなわけではありません。
その病院では、いっつも同じ処方をしているからです。
それもロクに診察もせず、いつ行っても同じ処方。

そりゃ、専門かもしれないですが「あールーティンワークで患者の数、さばいてるだけだな」って誰でも思いますよね。
患者さんに対する対応、心の問題です。

うちでは、新薬もこういう作用だとと説明し、対症療法的ならこんな感じで効いて、こんな使い方なら効果的だけど、慢性的な状態を解消したいなら、ほぼ意味ないよと化学的、理論的に説明します。

漢方薬に関しては、ちょっと知ってる人であれば、言うまでもないですよね。
東洋医学的な問診もとらずに処方してますから、ほぼ、マニュアル処方です。

漢方薬は体質に合わせて〜とか言っといて、これまた新薬と同じで誰に対しても同じものを処方しています。

病院で処方された漢方薬に関しては、病院はほぼ、体質判断の問診もとらずにマニュアル処方しているだけなので「飲まないで」と言ってます。

風邪とか急性の下痢なんかで使えそうだったら「これこれ、こういう時に飲むためにとっておいてもいいよ」と説明します。

この前もそんな電話がかかってきました。

うちの漢方で妊娠した方なのですが、検診にいったら「以前に流産しているから」といって当帰芍薬散を処方されました。

もちろん、東洋医学的な体質を判断するための問診なんて1mmもとってませんよ。
そこは病院漢方のデフォルトですよね。
要するにマニュアル処方。

漢方の超がつく初心者用の教科書処方。
安産に当帰芍薬散ですよ。

病名漢方よりもひどいですね。
病院の漢方の選び方がひどいのはしょうがないですが、今回は妊婦さんでなおかつ前回に流産経験があるので、今回のマニュアル処方は正直、有害でした。

他の病気なら悪くなってもジワジワ悪くなることが多く、医者も患者さんも気づかずにいくだけだから、病院は病院でやってくれと思いますが、妊婦さんにはダメですよ。

お電話いただいてよかったです。
もう少しで医者に2回目の流産をさせられるところ。

元々、この患者さん、胃腸がすごく弱い体質です。
過去にもうちに来るまでに何十種類も漢方薬を飲んできて、ことごとく胃腸の問題でアウト。

ここの医者は東洋医学的な問診すらとらないので、当然、過去や今の漢方薬の治療なんて聞きもしません。
ある種、無知って幸せ。

うちの漢方薬でやっと体調が良くなって妊娠に至ったのですが、胃腸が弱い方の漢方薬は合わせるのが難しいのです。

そして、当たり前ですが、妊婦さんなら全部体質が一緒なわけないです。
漢方では「安産のために当帰芍薬散を使うことが多いよ」という、ざっくりとした傾向を言ってるだけで、

「流産防止=当帰芍薬散」

じゃないのです。
「病名=薬」は西洋医学であって、残念ながら、漢方とは何の関係もございません。

「妊婦さん」に漢方薬を合わせるのではなく、妊婦さんの「体質」に漢方薬を合わせるのです。
もう一度、漢方薬を合わせるのは妊婦さんの「体質」

当帰芍薬散は体質が合わなかったら胃腸障害を起こします。
これ、医者は知らないようですが、漢方家なら常識です。

今回の処方は更に追い討ちをかけて錠剤。
胃腸障害を受けやすい錠剤!

ただ単に無知なだけだと思いますが、こうなると悪意すら感じます。

当然、そんなのいりません。
ってことで、なんで医者は漢方の東洋医学理論を理解しないで無理くり西洋医学的マニュアルで漢方薬を処方したがるのか、いつも不思議に感じています。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村