不妊治療に基礎体温の記入は必要なのか?

不妊症の治療で基礎体温の記入は必要なのでしょうか?

これ、不妊治療している人は結構、気になるところですね。
うちでもよく質問があります。

結論から言おうと、どっちが正解とも言えないです。
でもこれだと答えになっていませんね。

不妊治療の病院では全く記入しなくてもいいと言っているところもあるし、記入しておいてほしいと言っておきながら4回目位は、ほぼ見てないみたいなところも結構あります。

ところで全くの余談ですが、不妊治療の病院で紙の基礎体温表を売っているところあるじゃないですか「えっ無料でくれるよ」って思った方、まー大体は無料なんですが、たまに売ってるところがあるのですよ。

基礎体温表をもらった時の治療明細を見てください。
値段がついているかもしれません。

あれって単純に「どこまでセコイねんッ!」って思いますね。
今やiPhoneで無料の基礎体温アプリなんていくらでもある時代に紙媒体という化石感と守銭奴感には関心します。
やっぱりお医者さんって、なんか僕らと次元が違うところにいるんでしょうね。

ちょっと話がそれましたが、病院の基礎体温の対応を見ていると、ちょっと適当感があったりして、実際のところどうなのかがわかりにくいですよね。

あれ、1つは、ホルモン剤って強制的な人口操作なので、基礎体温を見てもしょうがないというのがあると思います。

特に体外受精なんかになると、排卵誘発剤で排卵促して、スプレキュアで排卵止めて、採卵日数を調節。
移植後は黄体ホルモン、じゃんじゃん入れて大忙し!

女性の場合は、ホルモン剤と体温は密接な関係がありますので、強制的かつ人工的にいろいろな薬を入れていたら、その薬の影響で基礎体温も変わっていきます。

なので「基礎体温のリズムを見たからどうなんだ」という状況になってくるんだと思います。
だから、多分、最初は基礎体温を記入してってお願いしといて、3回目位までは基礎体温を見てるけど、その後は、見てるフリで実は見てないみたいな状態になっているのだと思います。

病院においては、ホルモン剤をジャンジャン、使っていれば、基礎体温を記入することはあまり意味がないかもしれませんね。

一方、自然妊娠を目指す場合は?
これは必要だと思います。

漢方関係だとよく、基礎体温の形で瘀血型だとか、気滞型など血液型タイプみたいな見方をしている先生がいらっしゃいますが、僕はあれは関係ないと思ってます。

あれって東洋医学の治療理論の気・血・水のどれかのタイプに分けて、勝手に◯◯型とかやってますが、そもそも、体質のタイプを厳密に分析すると気だけのタイプとか、血だけのタイプなんていません。

こんな診断はしませんが、イメージ的に言えば、血の要素が55%、気の要素が35%、水の要素が10%みたいに個人でパーセントが変わるし、大概、「気・血・水」全部が絡んでいます。

だから、気・血・水と基礎体温の形のパターンみたいなやつって、お遊びレベルだと思います。少なくともプロがやることじゃありません。

うちでは基本、漢方薬で健康体質になってもらい自然妊娠を目指します。
基礎体温は体調やらホルモンの移り変わりやらを反映しているので、その細かな変化で漢方薬を調整していくこともあります。

そして不妊症って実は治療じゃないのです。
健康な状態をつくりだし健康な月経リズムやホルモンリズムをつくりだします。

うちなんかの例でいくと3ヶ月もするといろいろな症状なんかは、なくなっちゃうこともあります。

ここからが問題。
もともと、不妊症は病気ではないので、症状が治ったので、来月妊娠かというと、そうはいきません。

症状がなくなって体調が良くなったということは「自然妊娠の参加資格を得た!」ということで「これで妊娠できる」わけではないのです。

こういう状態になった時に力になるのが、基礎体温。
僕はたくさんの人の基礎体温表も見てきたので、目立った症状はないけど、なんとなく基礎体温表が微妙・・・みたいな感じだったら、その微妙なところから、次の妊娠するための治療方針を探ります。

なので、うち的には「あなたの基礎体温を見ると瘀血型ですよ〜」とエセ占い師のようなことを言うために基礎体温を記入してもらっているのではなく、今後の細かな治療方針を立てるために記入してもらっています。

ただ、基礎体温もずっとつけていると義務みたくなっちゃって、ストレスになる場合もあります。
この場合は、場合によっては一旦、記入するのをやめてみてもいいかもしれません。
妊娠するということは治療でも作業でもないですから。
必要なのは愛と思いやりなのです。

うちではストレスがどうしても強かったら排卵から高温期初期までと、月経前だけつけてもらって分析するという飛び道具的な方法をとることもあります。(できれば記入してもらいたですが)

どちらにしろ、うちの漢方においては治療方針を決める参考情報になります。
病院では・・・どうせ、ホルモン剤と基礎体温の微妙な変化の関係性を診ることなんてできないので、どっちでもいいように思います。
西洋医学にある全周期で28日。低温期14日。高温期14日。になんとかしていこうとしたって、月経周期も個人差があるので、無理やり教科書的基礎体温にする意味もないですから。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

インターネット上の健康情報の真実

このテーマって度々、記事にしたりしています。
いわゆる、ネットで調べた情報って正しいの?間違っているの?

実は先日、スケートボードで事故をしまして左手の人差指を剥離骨折?しました。

漢方は内科系が得意なので外科はおまかせしようと整形の病院に行ったのですが、診察していても、医者がとっても頼りなく、かつ疑わしかったです。

そこで職業上の興味もあったので、あえて何箇所も病院に行ってやろうと思い、実際に行ってみたら、行くところ、行くところ、全部違う診断。
逆に途中から、おもしろかったですよ。

おまけに診察してもらってても「本当に医者ですよね?」と聞きたくなる感じ。

まーいつもの悪い意味で安定した病院のパターンだと思い、整形外科という全くの分野外ですが自分で調べることにしました。

骨折、剥離骨折、靭帯損傷、拘縮、これの治し方みたいな感じの検索ですね。

そうするとおもしろいことに気づきました。

以前から、僕は不妊症の事などはネットで調べないほうがいいと話しています。

なぜなら、情報というのは自分の都合に合わせて集まるからです。
これを僕は投資から学びました。

投資の素人の頃って、自分の何のアテにもならないモヤ〜っとした勘で「儲けたい!」と思ったら「今、この株を買えば、儲かるよ」みたいな情報ばっかりを無意識で集めます。

そうすると「これは儲かるぞ!」みたいな情報で一杯になります。
そうなると「これだけ、儲かる情報があるんだから買っちゃえ!」となるわけです。
この頃は単なるバカでしたね。

結果は、惨敗。全損みたいな感じ。

今度は、逆に自分の何のアテにもならないモヤ〜っとした感覚で「今は損したくない!」と思ったら「今、この株を買えば、絶対、損する!」みたいな情報ばっかりを無意識で集めます。

そうすると、さっきと一緒ですね。
「買ったら損する」情報がたくさん集まるので、買いません。
そして後で結果をみたら「買ってたら儲かってたじゃん!」という状態になります。
投資している大半の人は大体こんな感じで少しずつ損していってると思います。

そのうち、いろいろ勉強して、かしこくなってくると、情報は自分のモヤ〜とした勘ではなく、常に「儲かる情報」と同じだけ「損する」情報を集め、2つの情報を平等かつ冷静に判断しないといけないという風なことがわかってきます。
そうなると、投資に勝てるようになってくるのです。

情報というものは得てしてこういうものなので情報を活用しようと思ったら、不妊症の事をネットなどで調べるときは「妊娠できるよ!」という情報と同じだけ「妊娠できるはずがない!」という情報を集めないとダメなんですよ。

ただ病気系の情報検索って生理学や薬理学の基礎知識がないと両方の情報の中で溺れて混乱するだけなんですよ。
それで、ネットでは一切調べないで僕に聞いてくれ。とうちの患者さんには言ってました。

で、今回、いいかげん医者が頼りないので自分で病気を克服しようと思って情報を集めてみました。
そうしたら、今ままで自分が言ってた事実と違うものが見えてきました。

セオリー通り、自分にとって都合の良い情報と都合の悪い情報を冷静に集めました。

そうすると病気で検索した場合、大きく3つのパターンの情報が集まります。

1つは、Yahoo!智恵袋系のQ&Aサイトやブログで「こんな風に治療してます」とか「こんな風に治療に成功しました」というサイト。

勇気づけられますよね。
希望を持って治療に取り組めそうです。

2つめのサイトは教科書的サイト。
「剥離骨折とは」を教科書的に説明しているサイト。
治る、治らないはないです。
その状態の理論が書いてあるだけ。

3つ目のサイトは病院のサイト。
こちらは、剥離骨折ならどんな検査をするか?どんなリハビリをするか?みたいなことが紹介されています。

で、ここから1つの傾向が出てくるのですが、Q&Aサイトや個人ブログは自分にとって都合の良い情報系が多いです。
最初は「こんな風に治ったんだ!」と晴れやかな気分になりますが、こういった系のサイトって匿名で具体性がありません。
だから、時間が経つと今度は疑わしくなってきます。

2つ目の西洋医学系の病気の理論のサイトは、良い情報でも悪い情報でもないですが、どちらかというと読みこんでいくと「病気になるメカニズム」の説明が多く「こうやって病気になるんだ」というのがわかるので、だんだんと気分が沈んできます。

3つ目のクリニックのサイトは、どんな風に検査するのか?など手法、方法論は書いてあるのですが、果たして「それで治るのか!」みたいなところは避けている感じです。

つまり、不妊症などもそうだと思うのですがネットで病気系を調べても、良い情報と悪い情報を同じだけ集めることができません。

良い情報は信憑性に欠けて嘘くさい。信じたいけど信じれない。
悪い情報は科学的で理論的です。

考えてみたら当たり前ですよね。
西洋医学などは病気になるメカニズムはよくわかっているのです。
同じように病気が治るメカニズムがしっかりと語られていたら、そもそも、治らないから調べないといけない事態になっていないのです。

だから、僕の剥離骨折や不妊症、アトピーなどの病気に関する情報は、投資情報と違って、良い情報と悪い情報を同じだけ集められないことがわかりました。

これらの病気の情報はネットで集めれば集めるほど、自分にとって都合の悪い(治らない)情報の方が多くなっていくのだと思いました。

なので、結論は以前からと変わりません。
病気や症状は医学知識に自信がないのであれば、触れないほうがいいです。
それよりも本当に知ってそうな「人」をネットで探しましょう。
情報の数量をいくら集めたって、集めれば集めるほど落ち込みます。

うちの患者さんだったら、僕に気になることを質問してください。
すぐに、わからなければ調べてお答えしますよ。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

不快な気分になる不妊治療の病院

うちの患者さんの中で漢方薬での治療も長く、なかなか授かることができないので、病院の力も借りてみようという話しになりました。
そんな方が堺市の高野線沿いの某産婦人科と不妊治療を兼ねている病院に行きました。

先に断っておくとその時の病院とのやりとりを誇張したり、わざと悪くして書くつもりはありません。
全て聞いたままの話しです。
その患者さんにもお断りしています。

僕の印象では非常識極まりない化石のような病院だと思いますが、こちらが誇張したり、悪く書くつもりはないので、ただ、そういう考えの病院だということです。

もし、この記事を読んでdisってると言うのであれば「人に不快に思われる治療をやっているという自覚がある」ことになります。
つまり、確信犯ということですね。
だから、多分、「それが事実だけど、それのどこが悪いの?お宅の方がおかしいんじゃないの?」とならないと仕事の信念としておかしいですね。

その方、最初はちょっと相談のつもりだったんだけど、いきなり「年齢高いのに何を悠長に考えてんの?」って説教からはじまったらしいです。

そこから延々と年齢が高いと、いかに妊娠が難しいかを説教。
「年齢が高いと妊娠なんかできないよ」と。

確かに年齢が高いと妊娠が難しいのは事実です。
医学理論的には。

でも、ここって確か「相談」にいく病院ですよね。
不妊症の医学的問題を話しあうシンポジウムなら、年齢が高いと難しいという理論を展開されるのは問題ないでしょう。

でも、大きな問題は、ここは病院なんですよ。
ある年齢になると妊娠できないと思っているなら「何歳以上、お断り」ってすればいいと思うのですが。

受け付けておいて説教とか、どれだけ性格悪いんだと思いますね。

で、その医者が最後に言ったのは「年齢が高ければ体外受精したらできるよ」みたいな話し。

出ましたね。化石医者。
全国平均で妊娠成功率が30%にも満たない体外受精が最後やればなんとかなると思っている感じ。

その体外受精に踏み切らないのが高額な金額の問題だと思っているようなことも言ってたそうです。

「あなた、ぶっちゃけ不妊治療、知ってんの?」ですよ。
まるで素人レベル。
普通、30%の成功率って「いつやっても成功するわ」なんて思いませんよ。
確率が半々もないんですから。

常識で考えたら失敗して当たり前。
そして、悲しいことに現実でも体外受精したからって、そう成功しませんよ。
僕は8年間の不妊治療の中でたくさんの体外受精経験者とお話ししてきましたが現実は30%よりも低い感じがします。

患者さんの話しを聞いていたら、これは僕の勝手な予想ですが、代々の産婦人科が最近の流行りで不妊治療やっとこうかな的にみえます。

最後に医者の治療コントのオチがありますよ。
僕が大半の医者が嫌いなのは、こっちが真剣に相談してるのに一人コントすることです。
ひょっとしたら、本人は全力でやてってもコントになっちゃうのかもしれませんが。

診察の流れは(診察と呼べるのかどうかは疑問ですが)
①年齢が高いとまず自然妊娠は無理。
②体外受精をすれば年齢が高くても妊娠可能。
③そして、その病院では体外受精はやってない。
お後がよろしいようで。

いやいや、自分のところで体外受精やってないんだったら、なんで説教して体外受精、力説してんの?

医者って不妊治療分野に限らず、他の科の病院でも、こういうコントをチョクチョクかましてきます。

なんでやねん!ってツッコミ待ち?
それだけ、エラそうにいうんだったら、全国でも有名なIVFの病院だと思うじゃないですか。

おもしろくもないコントです。

そして、まだコントは続きますよ。
自分が提案した解決策が、そこにない病院は最後に検査をしましょうとのこと。

それが不妊治療の病院業界でも賛否が分かれているAMH検査。

簡単に言えば卵子の在庫の目安を調べるのですが、AMHを詳しく調べていくと、

・卵子の在庫の目安と卵子が育っていくことは関係無いとか。
(そりゃそうですよね。在庫が多いからちゃんと卵子が育つとか、在庫が少ないと育たないという医学理論はありません)

・データの結果としてはAMHは年齢と関係していないとか。
(20代の若い人でもAMHの値が低く妊娠する人もいるので、この時点で検査として破綻していると思う)

内情はこんな感じです。
女性の卵子は原始卵胞というものが元々あって、それがどんどんと使われていきます。
だから、年齢が高くなれば、減るに決まってます。

どんどん使われると減る卵子を「年数を経ると減るよ」と検査で言われても、「お、おう、知ってた」としか言いようがないですよね。

そして、この結果は「卵子の在庫数と卵子が順調に育っていくこととは全く関係無い」という無意味な結果につながります。

この検査ってただ「年齢高いと妊娠しにくい」って言いたいだけじゃないの。と思いますよね。
わざわざ、誰でも知ってることをあえて嫌味ったらしくいう検査。

卵子の在庫数を増やす方法があり、そして、その在庫数の増加が妊娠率のアップにつながるのであれば、検査の意義があるのでしょうが。

病院コントらしい終わり方です。
常に「解決策のないもの」を追求しているのでしょうか。

ここの病院に限らず、医者の説明の「理屈は合ってるけど、コミュ症全開!」のあの対応ってなんとかならないのでしょうか。
お店で聞いてくれたら「不妊治療として解決策のない不妊治療の病院」の名前をお伝えしますよ。

【病院の不妊治療のこと、漢方のこと、何か聞きたいことがあれば、infoあっとmagocoro-kanpou.com まで「ブログで質問したい」とご連絡ください。(あっとは@に変換して送ってください)】

ブログ村ランキング参加中ですクリック応援お願いします!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村